Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2010-09-26 14:46:24)

24_589daisukef のツイ談  

24_589

それは疫学的に確認された結果ですか?研究者と発表媒体・年度を教えてください。 RT "@daisukef: インタラクティブな電子メディアのほうが、そうでないメディアよりずっと依存につながりやすい RT @nebula121: ネ基本的には昔と同じ、コンテンツが違う"

2010-09-22 09:04:32 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

教育学に携わる私としては当然と考えられるので、すぐに資料をお示しすることはできません。追って確認させてください。ご存じの方がいらして教えてください。RT @24_589: それは疫学的に確認された結果ですか?研究者と発表媒体・年度を教えてく @nebula121 @tohtas

2010-09-22 09:11:16 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

それはかなり乱暴な議論ではないでしょうか。例えばネット依存(携帯依存)は実際にはメール依存であり、即ち所属するコミュニティへの依存であることは藤川先生こそよくご存じのはずです。 RT "@daisukef: ゲームやネットへの依存についての疫学調査を確認せずに議論を進めている"

2010-09-22 09:46:43 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

24_589

@daisukef そういったコミュニティからの排斥を恐れる行動はいじめ問題の延長であり、それはもうずっと以前からと同じ課題であるはずです。

2010-09-22 09:48:15 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

もちろん、コミュニティへの依存であることは前提としなければなりません。そのことも含めて、メールを毎日何十通も送受信して夜更かし等につながることへの対応を検討するのです。RT @24_589: それはかなり乱暴な議論ではないでしょうか。例えばネット依存(携帯依存)は実際にはメー

2010-09-22 09:48:35 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 数年前に藤川先生が司会をされるシンポジウムに参加しましたが、小学校教諭でしたか、実際に上手く児童間のコミュニケートを調整されている方の発表でも同様に「以前からある問題と同じ」ことであると語られていたはずです。

2010-09-22 09:51:05 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

問題の根源は同じと言ってよいでしょうが、深夜まで長時間ケータイを使っているという状況に対して教育の対応を待つだけでよいのかという議論は必要だと考えます。RT @24_589 数年前に藤川先生が司会をされるシンポジウムに参加しましたが、小学校教諭でしたか、実際に上手く児童間のコミ

2010-09-22 09:53:27 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef また、残念ながら教育現場はホメオパシー・ゲーム脳・水からの伝言問題など、ニセ科学との親和性が異常に高く、非論理的な側面が見え隠れします。教育とは相性の悪いネット(携帯)やゲームに対する悪意的な批判に合理的信憑性がどこまで担保できるのかも正直疑問です。

2010-09-22 09:55:05 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 正確な原因や状況把握抜きに対応を論じても空虚なだけではないでしょうか。教育は子供達の人生にも関わる問題です。十分な医学的根拠に基づいた精確な議論を一国民としては切望します。

2010-09-22 09:57:39 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ご懸念はよくわかります。批判にオーブンな形で根拠に基づいて議論するしかないと考えています。twitterでのこうしたやりとりも貴重です。RT @24_589 また、残念ながら教育現場はホメオパシー・ゲーム脳・水からの伝言問題など、ニセ科学との親和性が異常に高く、非論理的な側面が

2010-09-22 10:00:40 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 丁寧なご返信痛み入ります。それはそれとして。まず、もっと遊びたくなる云々といた文脈は全ての娯楽に共通のテクニックであってゲームの特徴ではありません。雑誌TV小説漫画何でも当てはまります。極論を言えば講義や演説、遊園地等の施設でも同じですね。

2010-09-22 12:21:55 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 次に医学界からの意見は先生もお気づきになられた様に疑問の発信の域を越えません。evidenceとしては全く機能しないのです。

2010-09-22 12:24:12 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 何らかのメディアと就寝時間、成績との相関は一日の時間が有限である以上当然の話であって、これもメディアの別を意味しません。おそらくスポーツ特待生といった生徒でも同じことが起こるはずです。

2010-09-22 12:29:11 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 携帯の22時停止云々といった文脈もそういった意見を保護者に伝えよう、といった意味合いであればともかく、義務化はパターナリズムに過ぎるでしょう。また、極論をいえば喉や耳に障碍を抱えた子供からコミュニケート手段を奪うのは正しい教育でしょうか?。

2010-09-22 12:34:18 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

1日の時間が有限である以上、電子的なメディアの利用時間が過剰にならないよう保護者はつとめる必要があります。保護者にだけ委ねてよいのか、技術的・制度的な対応を進めるのかを議論する必要があるのです。RT @24_589 何らかのメディアと就寝時間、成績との相関は一日の時間が有限である

2010-09-22 12:38:09 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 誘拐云々も極論ですがあり得ない話ではありません。それでも構わない、とするご意見はやはり乱暴でしょう。先生のお立場からすると22時云々のお話は法規制や業者への規制要請になりがちだと思われますが、あくまで保護者の選択に任せるべき事例ではないかと存じます。

2010-09-22 12:38:56 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

時間制限のオプションの提供や推進くらいが争点であって、法的に義務化するのはいくらなんでも過剰です。RT @24_589 携帯の22時停止云々といった文脈もそういった意見を保護者に伝えよう、といった意味合いであればともかく、義務化はパターナリズムに過ぎるでしょう。また、極論をいえば

2010-09-22 12:39:58 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

前のツイートでも書きましたが、22時以降使用禁止を法で定めるという話ではありません。保護者や子どもにオプションを提供するか、それを推進するかくらいが争点だと考えます。RT @24_589 誘拐云々も極論ですがあり得ない話ではありません。それでも構わない、とするご意見はやはり

2010-09-22 12:41:14 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

技術的にはゲーム機も携帯も時計やロック機能を備えていますから、時間単位での利用制限追加は容易ですね。ただし、義務化は保護者の教育権への侵害かと。そういった議論も期待します。 RT "@daisukef: 保護者にだけ委ねてよいのか、技術的・制度的な対応を進めるのかを議論する必要"

2010-09-22 12:44:35 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

私は、メールの夜間制限オプションをどこの携帯電話会社も提供しないことに疑問を覚えます。容易に実現できるのですから、選択肢として提供することはあってよいでしょう。他方、義務化はありえないと考えます。RT @24_589: 技術的にはゲーム機も携帯も時計やロック機能を備えていますか

2010-09-22 12:46:48 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 実際に携帯電話へのフィルタリングが義務化され、更なる規制の圧力が強いことはご存じの通りです。先生がそういった流れに慎重であるのは存じていますが、規制論は往々にして義務化に流れがちです。本当に義務化が必要なのか、といった議論を切に願う次第です。

2010-09-22 12:49:19 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

誤解があるようですが、フィルタリングは義務化されていません。保護者が申し出なければ加入という措置がとられているだけで、実際には加入していない子どもが多いです。RT @24_589: 実際に携帯電話へのフィルタリングが義務化され、更なる規制の圧力が強いことはご存じの通りです。先生が

2010-09-22 12:53:28 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 保護者に対しては仰る通りですが、メーカーに対してはデフォルト適用が義務化され、それを保護者へも強制しようとした都条例改正案もありました。保護者が適用拒否できる自由が大切だと思います。その結果、保護者によりフィルタが外されたとしても何の問題もないのではないかと。

2010-09-22 12:59:14 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

一つ教えてください。いかなる規制であっても、坂道を転げるようにもっと厳しい規制につながるから反対というお立場とも読めるのですが、この解釈は誤っていますか? 坂道論については、転がらない仕組みをどう設けるかを検討するべきだと私は考えます。RT @24_589

2010-09-22 13:02:16 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

都条例改正案については私もかなり批判しましtが、現行のように事業者がフィルタリングをデフォルトで提供することに問題があるでしょうか。知識のない保護者が無責任にフィルタリングをかけないことが問題であり、デフォルトで提供することに問題はないと私は考えます。RT @24_589:

2010-09-22 13:07:31 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 理想論としてはご意見に賛成です。しかし先生も参加されたバーチャル(略)研究会でお解りの通り、とかく規制ありきの動きが強く、先の都条例案のように少しでも義務化がされれば悪用の危険性が絶えなくなります。

2010-09-22 13:13:18 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ご見解は了解しました。ただ、バーチャル研でも無茶な規制は主張されていないはずです。規制は極力避けること、規制を設けるとしたら坂道を転げない策を設けることは必須と考え、これからも検討を続けたいと思います。RT @24_589 理想論としてはご意見に賛成

2010-09-22 13:17:21 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef デフォルト提供の義務化はフィルタされた情報があたかも“悪いもの”であるとするレッテルにつながります。しかも実際に異常に広い範囲のフィルタが実行され、その基準となるリストは警察庁傘下のホットラインセンターからも提供されます。特定思想の押し付けにもつながりますね。

2010-09-22 13:18:29 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

デフォルトか否かで「悪いもの」と解される可能性が大きく異なるとは考えにくいです。フィルタリングについては民間の取り組みを尊重すると法で定めているので、特定思想の押しつけというのもどうかと。RT @24_589 デフォルト提供の義務化はフィルタされた情報があたかも“悪いもの”である

2010-09-22 13:24:13 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef バーチャル(略)では藤川先生や坂元先生、江川氏らによる数少ない慎重論でそれほど極端なことにはなりませんでしたが、他の方々の主張はご存じの通りです。ともあれ先生の傾聴に値するご方針は了解いたしました。ありがろうございます。

2010-09-22 13:24:27 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

バーチャル研は、最大限バランスのとれた委員構成だったと私は考えています。RT @24_589 バーチャル(略)では藤川先生や坂元先生、江川氏らによる数少ない慎重論でそれほど極端なことにはなりませんでしたが、他の方々の主張はご存じの通りです。ともあれ先生の傾聴に値するご方針は了解

2010-09-22 13:29:45 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

先生の視点からはそう見えるのですね。私の立場からはこの上なく片寄った構成に見えました。宜しければ後程お付き合いください。 RT "@daisukef: バーチャル研は、最大限バランスのとれた委員構成だったと私は考えています。"

2010-09-22 13:40:32 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

見え方の違いを議論しても実りがあるかは疑問ですが、よろしければまたお聞かせください。私としては、偏っていたというご主張に同意しないということを表明できれば十分です。RT @24_589: 先生の視点からはそう見えるのですね。私の立場からはこの上なく片寄った構成に見えました。宜しけ

2010-09-22 13:43:37 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef いくつネタはありますが、まず22時での携帯停止について。技術的には先述のとおり即座に可能です。しかし私も含め指摘されているように問題が山積みです。

2010-09-22 19:47:41 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 停止は電源を切るのか機能をロックするのか、ロックの場合メール機能のみか通話機能も停止するのか、発信の停止か受信の停止かあるいは両方か、災害・事故・事件等の緊急時にロックされた状態をどうするのか。etcetcetc...

2010-09-22 19:49:44 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef これらをキャリアやメーカが差別化の一つとして自ら用意するのであれば何ら問題はありません。また、そういったオプションを用意するように総務省あたりから指導する程度の規制であれば、特に問題はないと個人的には愚考します。

2010-09-22 19:51:41 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 一方、これをキャリアなりメーカなりに義務化させる場合、提供サービスを一部使用不可にするのですから、明らかに契約の切り替えが必要なレベルの大きな変更となります。何らかの根拠法が必要となるでしょう。

2010-09-22 19:53:22 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

こうした詳細は事業者に委ねるべきことと考えます。RT @24_589 停止は電源を切るのか機能をロックするのか、ロックの場合メール機能のみか通話機能も停止するのか、発信の停止か受信の停止かあるいは両方か、災害・事故・事件等の緊急時にロックされた状態をどうするのか。

2010-09-22 19:53:24 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef メーカにしろキャリアにしろ技術的には容易でも契約変更を伴うほどの大きな影響が必要となり、立法すら必要となる大きな変更ですが、保護者への義務化を伴合わないとする藤川先生の弁に従えば、おそらく効果は薄いでしょう。

2010-09-22 19:55:26 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

法改正が必要か否かを審議しているのですから、問題にならないと思いますが。RT @24_589 一方、これをキャリアなりメーカなりに義務化させる場合、提供サービスを一部使用不可にするのですから、明らかに契約の切り替えが必要なレベルの大きな変更となります。何らかの根拠法が必要となる

2010-09-22 19:56:26 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 保護者が希望して設定する機能制限であれば、初めから保護者がルールを決めて携帯電話を取り上げてしまえばいい道理ではないでしょうか。逆にそれができない保護者であれば、どっちにしろオプションを選ばないでしょう。

2010-09-22 19:56:32 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ここで仮に保護者にオプションを設定する様に促す場合、例えば校長先生が朝礼で毎回の様に訓示し、担任の先生が保護者に訴えかけて・・・といった手順が考えられますが、この場合は『夜はメールを控えましょう』と訴えても同じことになる道理です。

2010-09-22 19:58:47 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

時間制限があればいいのにという声を保護者の方々から聞くことは多いです。これまでもさまざまなオプションが提供されており、契約変更に大きな影響はないはずです。RT @24_589 メーカにしろキャリアにしろ技術的には容易でも契約変更を伴うほどの大きな影響が必要となり、立法すら必要

2010-09-22 19:59:35 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ルールを決めても子どもが守らず困るというのが保護者の悩みです。RT @24_589...

2010-09-22 20:00:10 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

子どもがルールを守らなくて悩んでいる保護者はいます。そうした保護者にオプションは歓迎されます。RT @24_589 保護者が希望して設定する機能制限であれば、初めから保護者がルールを決めて携帯電話を取り上げてしまえばいい道理ではないでしょうか。逆にそれができない保護者であれば、ど

2010-09-22 20:01:36 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef あくまでメーカーに自主的なオプションを用意するように促す、とするスタンスとの事でしょうか。“義務化”を求めるのではなく、単に選択肢を広げるだけのことでしたら自由度が広がることは素晴らしいと感じます。問題は義務化する場合であると愚考します。

2010-09-22 20:03:03 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

私は義務化を主張してはいません。主張の隔たりはないはずです。RT @24_589 あくまでメーカーに自主的なオプションを用意するように促す、とするスタンスとの事でしょうか。“義務化”を求めるのではなく、単に選択肢を広げるだけのことでしたら自由度が広がることは素晴らしいと感

2010-09-22 20:05:01 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 了解いたしました。青少年ネット規制法のような、メーカやキャリアに対する義務化、といったものも含めて義務化ではなく、選択肢を増やそうというご主旨でしたら、メーカ・キャリア・保護者の三者が喜ぶ施策ではないかと存じます。

2010-09-22 20:11:16 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

親の知識不足が問題です。ただ、これを直接解決するのは簡単ではありません。だからさまざまな対応の組合せが必要なのです。RT @Rufeir: 親が携帯の機能やネットの実情を知らないのが原因の気も…何となく与えて失敗って、当然としか RT 子どもがルールを守らなくRT @24_589

2010-09-22 20:13:22 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 次にバーチャル(略)ですが、こちらは戯言程度にお聴き流し下さい。まず、バーチャル(略)ではそもそも具体的に問題であるとされる『バーチャル社会』とは何を指すのか、が警察庁側で定められていませんでした。

2010-09-22 20:14:59 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 具体的には警察庁に対し『バーチャル社会』が何を指すのかを尋ねても定義が無いとして返答できず、それならばと『バーチャル社会』について関与しうる行政資料の開示を求めても不存在として返答されており、確実です。

2010-09-22 20:17:05 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ご存知の通りVirtual Realityであれば学術的な定義が存在しますが、バーチャル社会となると、そは何ぞや?となってしまいます。ともあれ議論の流れからすると『非現実(空想)の性表現や暴力表現』を指したいのだ、といったことまでは推測できます。

2010-09-22 20:20:21 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

たしかに研究会の名前はどうかと思いましたが、具体的にゲーム、ケータイ、漫画等について議論しましたので、議論上特に問題はなかったかと考えております。RT @24_589 次にバーチャル(略)ですが、こちらは戯言程度にお聴き流し下さい。まず、バーチャル(略)ではそもそも具体的に問題

2010-09-22 20:20:44 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 違法な内容の表現物であれば最初から規制対象であり、そもそも議論の意味がありません。よって、バーチャル(略)では合法な“創作物”について規制を論じていたことになります。

2010-09-22 20:21:25 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 違法でない=合法です。合法な表現物について『子どもを性の対象とする情報が影響して子ども対象の暴力的性犯罪が誘発された事例もみられる』から話し合うと称しているのですから、表現規制を前提としていることが判ります。

2010-09-22 20:23:16 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

誤解があるかもしれませんが、漫画やアニメについてはあまり時間をかけておりません。携帯電話についてかなり時間をかけており、創作物についてのみ議論したということではありません。RT @24_589 違法な内容の表現物であれば最初から規制対象であり、そもそも議論の意味がありません。よっ

2010-09-22 20:24:03 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ここからが本題ですが、『誘発云々についての科学的根拠が存在しない』にも関わらず、既に流通している商品について、『規制を前提として議論を行うとしている』場に対し、その商品の製造者も流通関係者もユーザーも招かれていない、わけです。

2010-09-22 20:25:07 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 仰る通り結果として携帯電話に関する議論が長かったことは存じていますが、名前からすればそれは本来的には必ずしも主たる議題ではなかったはずだろうと存じます。

2010-09-22 20:26:40 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

表現規制の是非を議論しようとしていたとは考えられます。ただ、実際にはあまり議論に時間をかけられず検討の必要ありというところでとどまりました。検討することまで否定される理由はないでしょう。RT @24_589 違法でない=合法です。合法な表現物について『子どもを性の対象とする情報が

2010-09-22 20:27:26 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

おっしゃるように議論は不十分でした。だから報告書では検討の必要性を述べるにとどまったわけです。携帯電話やゲームについて丁寧に議論したことの結果です。RT @24_589 ここからが本題ですが、『誘発云々についての科学的根拠が存在しない』にも関わらず、既に流通している商品について、

2010-09-22 20:28:43 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 実際にそのメンバー構成ですが、まず規制を行う警察・文部側から竹花・小林・素川・樋口、表現規制・ネット規制を主張し続けてきたメンバーとして前田・下田・柿崎・岡田・藤岡・義家と並び、(続)

2010-09-22 20:30:05 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

それは誤解だと考えます。コミック規制ありきであれば、まずコミックの問題を議論したはずです。携帯電話やゲームのほうが切実に扱われていたと私は認識しています。RT @24_589 仰る通り結果として携帯電話に関する議論が長かったことは存じていますが、名前からすればそれは本来的には必ず

2010-09-22 20:30:19 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 比較的様子見的なスタンスで相原・玄田、比較的中立な立場としてようやく江川・坂本・藤川と続きます。規制対象の表現について肯定的なメンバーは一人も居ません。本職の専門家も藤川先生と坂本先生くらいですね。

2010-09-22 20:31:13 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ゲームでも表現規制としては全くの等価です。コミック規制だから小説規制だからといったことではありません。更に言えば、ゲームも当時すでにレーティングもゾーニングも済んでおり、ゲーム機やPCが無ければプレイできないのですから、問題としてはより少ないと言えるでしょう。

2010-09-22 20:34:39 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ともあれ“バランスが取れている”ためには賛成・反対・中立の三者が同比率で存在すべきではないかと存じます。しかし実際には比率としては、積極的な規制派が10、様子見的なポジションが2、中立が3、となります。

2010-09-22 20:36:26 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

メンバー構成についてはご指摘も当たっていると思います。しかし、多数決ではないので、議論がしにくいとは感じませんでした。RT @24_589 比較的様子見的なスタンスで相原・玄田、比較的中立な立場としてようやく江川・坂本・藤川と続きます。規制対象の表現について肯定的なメンバ

2010-09-22 20:36:36 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ゲームについてはかなり取り組みができているということを確認し、報告書にもそのようにあると思います。RT @24_589 ゲームでも表現規制としては全くの等価です。コミック規制だから小説規制だからといったことではありません。更に言えば、ゲームも当時すでにレーティングもゾーニングも済

2010-09-22 20:38:31 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

@24_589 少しTLを離れます。ヴァーチャル研が果たした役割について外側の方にご理解いただくのはもしかすると難しいのかもしれません。私としてもヴァーチャル研を代表する立場でないので、議論しにくいです。

2010-09-22 20:41:59 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 仰る通り警察庁が自由にメンバーを選択できる研究会でお三方のような中立派が選択されたことを“バランスをとった”と表現されるのであれば、警察庁が選択しうる中では“バランスが取れていた”という表現は妥当かもしれません。

2010-09-22 20:47:00 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef また、結果として提言から表現規制を目的とする内容が当初予想に比べ大幅削られたことも確かであり、その点には個人的にも大変に感謝しております。

2010-09-22 20:48:27 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ただし、何ら規制に足る医学的・科学的evidenceを持たぬまま感情論で規制を進めようとする風潮は未だに変わっていません。先生のような中立的な立ち位置の方にこそ、明確な根拠に基づいた議論を切に願う次第であることをご理解下さい。

2010-09-22 20:56:47 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ありがとうございます。第2期ヴァーチャル研が開かれることを、私としては願っているところです。きちんと議論すれば無茶な話にはなりますまい。RT @24_589 ただし、何ら規制に足る医学的・科学的evidenceを持たぬまま感情論で規制を進めようとする風潮は未だに変わっていません。

2010-09-22 21:02:47 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 仰る通りで議論になってしまえば無茶な主張は通り難いでしょう。逆に“議論にならない”ように中立的な立ち位置の方すら排除した好例が、件の都条例改正案の元となった『第28期東京都青少年問題協議会』かと存じます。

2010-09-22 21:07:50 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 無論、これも藤川先生他多くの方のご尽力で春の改悪は阻止できましたが、いまだに都知事は諦めていない模様です。また、春にしても偶々前年に民主党が大勝した結果であり、一年早く結論が出ていれば確実に通っていたでしょう。

2010-09-22 21:09:25 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

東京都の場合、ヴァーチャル研当時の警察庁のようなバランス感覚は全く感じられません。東京都に関しては私も外から見ており、全く異論はありません。RT @24_589 無論、これも藤川先生他多くの方のご尽力で春の改悪は阻止できましたが、いまだに都知事は諦めていない模様です。また、春にし

2010-09-22 21:14:03 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 社会経験豊富なろくでなしも居れば、社会経験が無くとも優れた見識の持ち主も居ます。社会経験云々を教員採用試験の条件とするのは無意味ではないでしょうか。要は、子供たちの見本と成りうる人格と、適切な教育能力の持ち主を採用する仕組みの構築ではないかと思います。

2010-09-25 10:18:53 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 現実的には性犯罪で処分される教職員の犯罪者率が一般人のそれに比べて有意に高いという事実、特に児童ポルノ法違反で検挙される教職員の多さを示す統計の数々は、その採用の仕組みがまるで適切でないことを示しています。

2010-09-25 10:21:32 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

どの程度違うのか等知りたいので、 出典を教えていただけますか。RT @24_589: 現実的には性犯罪で処分される教職員の犯罪者率が一般人のそれに比べて有意に高いという事実、特に児童ポルノ法違反で検挙される教職員の多さを示す統計の数々は、その採用の仕組みがまるで適切でないことを示

2010-09-25 10:24:07 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 社会人枠云々は確かにdebateの論点としては面白いのですが、残念ながら現状の教職員採用制度はそういった論点の遥か以前で非現実的な仕組みになっているのではないでしょうか。

2010-09-25 10:24:18 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

具体的にうかがいたいです。RT @24_589 社会人枠云々は確かにdebateの論点としては面白いのですが、残念ながら現状の教職員採用制度はそういった論点の遥か以前で非現実的な仕組みになっているのではないでしょうか。

2010-09-25 10:24:55 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 例えば毎年文科省が発表する性犯罪での教職員処分数と教職員の総数から性犯罪者率は割り出せます。これを警察庁の発表するそれと比較すれば一目瞭然です。また、犯罪別職業別被疑者人数も同様に警察庁発表資料から確認できます。

2010-09-25 10:26:53 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef しかも犯罪として処分は必ずしも文科省が把握していないケースが少なからずあることを児童ポルノ法第一人者の奥村弁護士も指摘しており、実際の犯罪者率は更に高い可能性を示しています。

2010-09-25 10:29:15 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

有意にと書かれていましたが、どこかで検証されているのでしょうか。RT @24_589: 例えば毎年文科省が発表する性犯罪での教職員処分数と教職員の総数から性犯罪者率は割り出せます。これを警察庁の発表するそれと比較すれば一目瞭然です。また、犯罪別職業別被疑者人数も同様に警察庁発表

2010-09-25 10:29:17 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 先に述べた数値はどれも公開の数字ですので、私個人でも検証していますし、数年前に自治体の検証で有意に多いとして問題視する報道もありましたね。

2010-09-25 10:30:45 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

研究者としては、異なるデータを比較して「有意に」違うと結論づけた過程が気になるところです。 RT @24_589 先に述べた数値はどれも公開の数字ですので、私個人でも検証していますし、数年前に自治体の検証で有意に多いとして問題視する報道もありましたね。

2010-09-25 10:43:57 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

あらためて確認ですが、教員の性犯罪率が高いから採用制度が「非現実的」とおっしゃっていると解してよいでしょうか。「現実的」な採用制度としてどのようなものをお考えかうかがいたいです。 RT @24_589 社会人枠云々は確かにdebateの論点としては面白いのですが、残念ながら現状の

2010-09-25 10:45:23 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

仮に教員の性犯罪率が有意に高かったとして、それが採用制度に起因する問題とは私には考えられないのです。採用時点で、将来性犯罪を起こす人を排除する仕組みが作れるのでしょうか。 RT @24_589 社会人枠云々は確かにdebateの論点としては面白いのですが、残念ながら

2010-09-25 10:46:54 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 犯罪者率(10万人単位の犯罪発生率)は毎年公開されています。単純にこれと比較すれば数字がでます。むろん、この場合は男女構成比や年齢構成比を無視した数字となりますのでかなり荒い数字とはなります。

2010-09-25 10:47:56 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

「有意に」という語は私の理解では何らかの統計的検定を経て使われるべき表現なのですが、そういう意味でお使いではないですか? RT @24_589: 犯罪者率(10万人単位の犯罪発生率)は毎年公開されています。単純にこれと比較すれば数字がでます。むろん、この場合は男女構成比や年齢構成

2010-09-25 10:50:01 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

念のために付け加えますが、私は教員の性犯罪率が高いということを否定したいわけではありません。検証されているのであれば詳細をうかがいたいのです。そして、そのことと採用制度の間にどのような関係があるのかのお考えをうかがいたいのです。 RT @24_589 犯罪者率(10万人単位の犯罪

2010-09-25 10:53:11 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

仰ることは判りますし、基本的には私も同意します。けれど、そもそも論として教員の採用制度にそういった非倫理的な人物を弾く仕組みが存在するのか?といった点で疑問があるわけです。 RT @daisukef 採用時点で、将来性犯罪を起こす人を排除する仕組みが作れるのでしょうか。

2010-09-25 10:54:28 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 私自身の検証資料については後程探しておきますが、例えば報道資料ではこういったものがあったようですね。 http://www.kobe-np.co.jp/edu...

2010-09-25 10:55:55 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef そのうえで、表現規制問題に20年以上関わっている身としては、教職者の性犯罪者率が有意に高いにも関わらず、元教職員の政治家を主とする教職員関係者から“犯罪の誘発に繋がる”として表現規制を求める声が非常に強い、という事実に注目しています。

2010-09-25 10:58:24 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef これはそういった教職員及び関係者に、自分たちの同僚にこそ問題が多い、という事実の認識が無い=採用時にもそういった人物をはじく機能が存在しないし、在職期間中もチェック機能が存在しないのではないか、という疑念につながります。

2010-09-25 10:59:53 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 同じことは(特に児童の殺害に関して)児童の保護者にも言えるのですが、保護者(一般的には親権者)は社会が選ぶことが出来ないのに対し、教職者は制度改革で社会が適切な資質の持ち主を選択できます。そういった点についての問題提起の一つとご認識ください。

2010-09-25 11:10:53 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 偶然なのかやり取りをご覧になられていたのか、その奥村弁護士からのtweetにて関連資料がありましたね。 http://bit.ly/bV73KG

2010-09-25 11:17:53 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 榊原禎宏「教員の精神的健康への一視覚-教員による『わいせつ行為』は多いか-」 『教員による法的意味での「わいせつ行為」が(中略)ここでの分析の限り,教員による同行為の発生率は高いと判断される。』 http://bit.ly/bV73KG

2010-09-25 11:21:33 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef もう一点、教員の資質として“論理的思考能力”の審査は必須ではないかと存じます。debateの重要性を説かれる藤川先生ならばむしろ痛感されているのではないかと思いますが、理学系にはもちろん、文学系能力にも論理構成力は必須です。まして教師となれば尚更でしょう。

2010-09-25 11:43:47 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ところが、先だっても呟きましたように、教職員関係者のゲーム脳・水伝・ホメオパシーといったニセ科学信奉は根深いものがあります。教員がそういったものを信じ、子供に教えれば子供たちもそれらを安易に信じ、論理的思考力育成の妨げとなることでしょう。

2010-09-25 11:46:11 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

「非倫理的な人物を弾く仕組み」とはどういうものでしょうか。実現可能な方法が想像できないのですが。 RT @24_589: 仰ることは判りますし、基本的には私も同意します。けれど、そもそも論として教員の採用制度にそういった非倫理的な人物を弾く仕組みが存在するのか?といった点で疑問が

2010-09-25 17:19:08 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ありがとうございます。ただ、有意に多いという話ではないようです。 RT @24_589: 私自身の検証資料については後程探しておきますが、例えば報道資料ではこういったものがあったようですね。 http://bit.ly/dtGTkf

2010-09-25 17:20:05 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

抄録だけでは判断しにくいですが、この範囲でも何に帰属させるかは課題とあり、採用と結びつける根拠はないことが示唆されています。 RT @24_589 偶然なのかやり取りをご覧になられていたのか、その奥村弁護士からのtweetにて関連資料 http://bit.ly/bV73KG

2010-09-25 17:21:56 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 例えば自衛隊では入隊に当たり身辺調査を行います。私学は私学なりの調査を行うと思いますが、公立であれば同様の調査を行うことで個人の嗜好もある程度は判るでしょう。

2010-09-25 17:22:36 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

論理的思考が重要なことには全面的に同意します。が、これは性犯罪のリスクとは別の話ですよね。 RT @24_589 もう一点、教員の資質として“論理的思考能力”の審査は必須ではないかと存じます。debateの重要性を説かれる藤川先生ならばむしろ痛感されているのではないかと思いますが

2010-09-25 17:22:57 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef また、教師が学校へ就職(と、称するのかどうかは不明ですが)するにあたり、同様の調査あるいは最低限でも犯罪歴のチェックは必須でしょう。そういった仕組みが現状では存在しないのではないか、ということです。

2010-09-25 17:24:13 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

.@24_589 さんへのご返事をまとめます。教師の性犯罪率は高いかもしれないが有意かどうかは不明、有意に高いとしても採用制度の問題との関連が不明、採用制度を変えるとしてもどう変えれば解決できるのかが不明、ということになります。否定しているのでなく、それぞれわからないのです。

2010-09-25 17:24:52 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

おそらくそうした調査をすれば人権侵害と非難されるでしょうが、表現規制はダメで犯罪者でもない教員志望者の嗜好を調査することをお認めになることに、矛盾はないのですか。 RT @24_589 例えば自衛隊では入隊に当たり身辺調査を行います。私学は私学なりの調査を行うと思いますが、公立で

2010-09-25 17:26:48 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

RT @rionaoki: 宗教による差別に近いような。 RT @daisukef: 「非倫理的な人物を弾く仕組み」とはどういうものでしょうか。 RT @24_589: 教員の採用制度にそういった非倫理的な人物を弾く仕組みが存在するのか?といった点で疑問が

2010-09-25 17:27:05 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 逆に何を指して仰っりたいのか不明です。母集団に対する帰無仮説に基く棄却ではなく、既に出ている統計に基づいて有意性をお話している以上、実際の犯罪者率が高ければ有意に高いと評するしかないと考えます。逆に、どういった意味で“有意”という文言を判断されていますか?。

2010-09-25 17:31:27 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef また、採用制度に関しては(原則的に環境犯罪誘引説や弾丸効果仮説が否定されている以上)犯罪者率が有意に高ければ個人の資質に基く問題であり、それは採用者や採用制度に帰する責任ではないかと存じます。これもどういった意味合いで制度の責ではないとされていますでしょうか。

2010-09-25 17:33:22 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 最後の制度については(タイミングの問題かもしれませんが)採用時の身辺調査について既に述べています。

2010-09-25 17:35:14 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 児童の保護にあたっては必要ではないかと存じます。少なくとも(特に児童に対する)性犯罪歴があれば児童の通う学校の教諭としては問題でしょう。そのうえで、何らかの教育手段によって更生したといったevidenceがあれば採用を検討する、とすべきではないでしょうか。

2010-09-25 17:38:32 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

「有意に」というのは統計による推計があった場合に使われる言葉で、統計値から比率を出して比べただけであれば「有意に」とは言わないと考えます。 RT @24_589 逆に何を指して仰っりたいのか不明です。母集団に対する帰無仮説に基く棄却ではなく、既に出ている統計に基づいて有意性をお話

2010-09-25 17:42:32 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

私は採用制度の責ではないと主張してはいません。研修制度、職場環境等、他の要因も考えられるのではないでしょうか。カッコ内については私は知識がありませんので、文脈上説明であればご教示ください。 RT @24_589 また、採用制度に関しては(原則的に環境犯罪誘引説や弾丸効果仮説が

2010-09-25 17:44:46 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

性犯罪歴のある教員が採用されているということがあるのでしょうか。それとは別に、性犯罪者となった教員に犯罪歴があったという話は聞かないので、性犯罪歴のある教員を排除したとしても解決しないのではないでしょうか。 RT @24_589 児童の保護にあたっては必要ではないかと存じます。

2010-09-25 17:49:50 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 仰るような帰無仮説の棄却に基く有意差を求めるのであれば、任意の教師と任意の“一般人”について身辺調査を行う必要があります。それは現実的では無い以上、暗数は無視して既に出ている統計を以て有意性を比較するのは当然でしょう。

2010-09-25 17:50:55 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef むしろ、既に出ている統計から更に母集団を抽出して比較する意味が不明です。では逆に、藤川先生はどういった手法で教職員の性犯罪者率についての有意差を求めるべきだと認識されているのでしょうか?。

2010-09-25 17:52:20 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

「有意に」という言葉を統計学的な意味で用いておられないということですね? 私はそこを確認したかったのです。 RT @24_589 仰るような帰無仮説の棄却に基く有意差を求めるのであれば、任意の教師と任意の“一般人”について身辺調査を行う必要があります。それは現実的では無い以上、暗

2010-09-25 17:56:17 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

私なら「有意に」とは申しません。それだけです。 RT @24_589 むしろ、既に出ている統計から更に母集団を抽出して比較する意味が不明です。では逆に、藤川先生はどういった手法で教職員の性犯罪者率についての有意差を求めるべきだと認識されているのでしょうか?。

2010-09-25 17:56:38 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 環境犯罪誘引説も弾丸効果仮説も、大まかに言えば特定の情報や環境が個人の精神に重大かつ不可逆な影響を与える、とする学説です。まさに仰るような職場環境や研修制度の問題であれば大多数の教職員が犯罪者になってしまいます。必然的にこれらの説はすでに否定されています。

2010-09-25 17:57:29 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 帰無仮説の棄却に基く有意差についての話でしたら、(ここでは暗数は考慮できませんので)『0水準での有意』(100%統計)となります。教員全体は100%ですし、人口全員は100%ですね。そういった意味の話ですか?

2010-09-25 18:01:26 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

「重大かつ不可逆」でなければ否定されないということですよね。職場環境や研修制度が多少なりとも影響し、その結果ある程度の教員が性犯罪を起こす可能性までを否定する学説ではないのでは? 私は職場環境等のせいと主張しているのではありません、念のため。 RT @24_589 環境犯罪誘引説

2010-09-25 18:01:31 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

私の言語感覚ではそういう場合、「有意に」とは言いません。 RT @24_589 帰無仮説の棄却に基く有意差についての話でしたら、(ここでは暗数は考慮できませんので)『0水準での有意』(100%統計)となります。教員全体は100%ですし、人口全員は100%ですね。そういった意味の

2010-09-25 18:02:19 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 仰るような類の影響はまさに“重大かつ不可逆な”影響です。ですので、それは否定されています。

2010-09-25 18:02:59 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 申し訳ないのですが、それでしたら統計上は有意と言わざるを得ません。暗数を加味しての話かと思いましたので母集団からの抽出の話を持ち出しましたが、犯罪統計に基く犯罪者率は本来100%の母集団を前提とする数値です。

2010-09-25 18:04:52 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

なぜそう言えるのかは疑問ですが、おそらくここは重要な論点ではありますまい。採用制度をどうするかが主な論点だったはずです。 RT @24_589: 仰るような類の影響はまさに“重大かつ不可逆な”影響です。ですので、それは否定されています。

2010-09-25 18:06:28 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

主要な論点に行きましょう。結局のところご主張は、教員採用時に性犯罪歴を調べよということですか?RT @24_589 申し訳ないのですが、それでしたら統計上は有意と言わざるを得ません。暗数を加味しての話かと思いましたので母集団からの抽出の話を持ち出しましたが、犯罪統計に基く犯罪者率

2010-09-25 18:10:05 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

具体的な手法というよりも、そういった(性悪説的な)視点の調査を行うという視点がないのではないか、ということです。 RT @daisukef 主要な論点に行きましょう。結局のところご主張は、教員採用時に性犯罪歴を調べよということですか?

2010-09-25 18:13:38 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ご主張は理解したつもりです。しかし、具体的にはどうしてよいか、想像できません。よって、賛成もできません。RT @24_589: 具体的な手法というよりも、そういった(性悪説的な)視点の調査を行うという視点がないのではないか、ということです。 RT 主要な論点に行きましょう。結局の

2010-09-25 18:17:36 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef なお、先に『性犯罪者となった教員に犯罪歴があったという話は聞かない』と仰られましたが、むしろ性犯罪者の教職員を対象とする統計調査が行われた、といった話は聞きません。一方で実際に教員として再就職可能な事例については、先の奥村弁護士のBlogでも再三目にします。

2010-09-25 18:19:38 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

その点についてはおっしゃることはわかりました。RT @24_589 なお、先に『性犯罪者となった教員に犯罪歴があったという話は聞かない』と仰られましたが、むしろ性犯罪者の教職員を対象とする統計調査が行われた、といった話は聞きません。一方で実際に教員として再就職可能な事例について

2010-09-25 18:23:54 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 具体的な手法の一つとしてそれこそ性犯罪歴のチェックもあるでしょうし、先に述べたような身辺チェックもあるでしょう。確かに人権侵害の側面は否定できませんが、子供の一生を左右する重大な問題ですから、個人的には致し方ない範囲ではないかと認識します。

2010-09-25 18:27:00 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 例えば私は表現の自由は原則として完全に認められるべきだと認識していますが、一元的内在制約的な観点から制限が有る事もまた、致し方ないと認識しています。教員のプライバシーに関しても(少なくとも採用時くらいは)そういった制約があっても不自然ではないでしょう。

2010-09-25 18:29:27 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ともあれ、申し上げたいのは教職員を志す者もまた犯罪者たる資質を持ち、実際に数値として表れていること、そしてそういった事実を前提とした採用や教育のschemeが“性善説前提の如く”用意されていないかのように見える、ということです。

2010-09-25 18:33:26 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

なお、少々くどくなって申し訳ないのですが、影響論は様々な文脈で重要な因子となりますでのぜひ抑えていただきたく願います。“なぜそう言えるのか”は単純で、影響論の研究に於いて、そういった強い影響が証明されていないから、です。 @daisukef なぜそう言えるのかは疑問

2010-09-25 18:56:45 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 例えば情報(環境)による影響でも、TV番組の食事シーンを見ればおなかが空くいてそのメニューが食べたくなる、といった類の弱い影響はごく当前に観測されます。一方、よほど特殊な状況下でなければ“罪を犯す”といった強い行動にまで影響する現象は観測されません。

2010-09-25 19:00:51 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef devateでもお馴染み悪魔の証明になりますから“無い”ことの証明は困難なのですが、そのような強い影響があれば世界中の研究者が1世紀近く調査していれば確認できるはずである、そしてそれは確認されていない、故に否定されている、ということです。

2010-09-25 19:03:32 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef なお、現在の情報や環境による“影響”は先に述べた受容文脈論や沈黙の螺旋といった、情報そのものよりも“それを受け取る意味や状況”が強く左右するのではないか、といった研究に移っています。こちらも面白いのですが、長くなりますので詳細は割愛します。

2010-09-25 19:05:30 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

環境が犯罪を誘発することがあまりないということは理解できます。しかし、環境が犯罪を抑止することはあるはずです。犯罪を抑止できる環境になっていなければ消極的に犯罪を誘発するということは言えるでしょう。たとえば大学教員のセクハラ防止に、「研究室をガラス張りにする」等。 @24_589

2010-09-25 19:06:11 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 余談的な話になりますが、例えば『監視カメラは実際には犯罪の発生率そのものには余り関与しない』といった研究もあります。実際、数年前に出入り業者が施設に監視カメラの存在を知りながら、子供を階段から投げ落とした、といった事件もありました。

2010-09-25 19:09:39 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef “ガラス張り”の施策にしても、“セクハラを犯罪だと思っていない”類の方には効果が無いだろう、と推測できるわけです。一方でセクハラという罪を犯す気で尚且つ、罪から逃れたいと思う人に対しては効果があるだろう、ということは確かなのでしょう。

2010-09-25 19:12:57 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef ただ、これは影響論や環境誘引論的な文脈というよりも、犯罪とそれに伴う個別の対策の話ではないかと存じます。環境犯罪誘引説的な意味での環境による誘引は、やる気が無いのにやってしまった(環境が悪いせいだ)といった類の文脈の話ですね。

2010-09-25 19:15:04 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

ふたたび結論を確認します。環境による抑止は多少は可能、しかし環境を変えるのでなく採用制度を再考せよということになります。しかし私は、未だ犯罪をしていない人を排除することは、たとえ方法があったとしても明白な差別であり許されないと考えます。 RT @24_589 ただ、これは影響論や

2010-09-25 19:20:35 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 整備可能な環境内で罪を犯しにくい状況は用意できるでしょう。極論を言えば、教員全員に24時間365日の監視をつければ罪を犯すのは困難です。ただ、これはそれこそ人権侵害ですね。

2010-09-25 19:32:40 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 次に採用制度に関しては教員一人の人権に対し、その教員が生涯関わることになる述べ数千数万という児童の人権が絡んでくるのですから、個人的には一定の制限は止む無いのではないかと存じます。ただ、藤川先生のお考えは了解いたしました。

2010-09-25 19:35:26 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

RT @Rufeir: 議論をずっと拝見していました。採用に関する@24_589さんの懸念は理解できます。が、やはり難しいかと。IT系に行く人は皆クラックをする可能性があるから極力排除、がムリなのと同じように。防止策は必要と思いますが RT @daisukef: RT @miekenzo @24_589

2010-09-25 19:35:31 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

@daisukef 繰り返しになりますが、採用に際しこういった性悪説に基く類の議論すら存在していなかったのではないかと思える、そして実際に藤川先生のご対応からも実際に存在していない可能性が強く伺える現状は問題ではないか、ということです。

2010-09-25 19:38:25 - 返信元ツイートを取得する

 

daisukef

基本的にはご理解いただけてよかったのですが、私は教育委員会側の人間ではなく、教員採用においてどのように危機管理がなされているのかの実態はわかりません。この点は誤解なきようお願いいたします。 RT @24_589 繰り返しになりますが、採用に際しこういった性悪説に基く類の議論すら存

2010-09-25 19:44:50 - 返信元ツイートを取得する

 

24_589

仰る通りですね。その点は失礼いたしました。個人的には大変有意義でしたが、長々と失礼いたしました。 @daisukef 教員採用においてどのように危機管理がなされているのかの実態はわかりません。この点は誤解なきよう

2010-09-25 19:47:33 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

24_589daisukef のツイ談コメント一覧

24_589daisukef のツイ談を転送する


その他のツイ談