Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2012-01-12 13:03:04)

BB45_ColoradoPremordia のツイ談  

Premordia

RT @lm700j: @BB45_Colorado 80年代の第二世代のは40年使えると思いますけどねえ。3Gへのリプレイスの時間にちょうど合致する感じで

2011-10-26 19:30:06 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

RT @molichane: @BB45_Colorado @matayosm123 @PolkaDotsQuant @SOSOAO @neneyu へえ、知らなかった。尚更日本は原発の開発を続けるべきですね。

2011-10-28 22:42:56 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia ロシア人は原子力が大好きで、凄いのを作るよ。VVER440/V230みたいなゴーカート仕様から装甲車仕様まで揃っている。

2011-10-28 22:58:08 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi こちらが装甲車仕様(笑)の参考資料 http://t.co/83igYt0w 熱効率35.7%もありますし、その他の設計も十分EPRの対抗馬となっていますね。

2011-10-28 23:00:18 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi もう25年前の事故なんで、ロシアの原子力産業がポンコツという印象は過去のものですね。あの国は原子炉を運用中に焼き鈍したり、様々な経験を持っているから、手ごわいですよ。

2011-10-28 23:03:47 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @BB45_Colorado 余りに反対派がリプレース認めないと、玄海1号機でもやっちゃうかもよ?(笑)

2011-10-28 23:08:00 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi おっしゃる通り、Rosatomに組織が統一されてから、急速に復活した印象があります。ヨーロッパでのAREVAとのさや当てが当分激しそうです。

2011-10-28 23:09:20 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi ロスアトムに頼んだら、大喜びでやってくれそうですね。寿命が20年は延びますよ。

2011-10-28 23:10:34 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi プレゼン資料の無骨さがロシアしてますねぇ。ソ連の文化でなく、ロシア文化なんだなぁ。

2011-10-28 23:13:29 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia でも、ロシア国内ではVVER-440/V230の様なゴーカート仕様や、RBMKのようなトラクター仕様がまだいっぱい動いているんですよ。物持ちが良いというか、いい加減というか。

2011-10-28 23:14:45 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi ああ、確かに言われてみると、AP1000のPPTに感じられるチャラらとは無縁の雰囲気ですねぇ。

2011-10-28 23:16:04 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi 情報量が多くて、ロシアの方が役に立つ資料を作るのですが、素人には理解困難ですね。

2011-10-28 23:18:10 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia 最近僕がしつこくツイートしていますが、福島の事故はLOCA→メルトダウンとしては教科書的なんで、対策自体は容易と思います。ハードウェアよりもソフトウェア(規制当局、運用会社のオペレーション)の問題が大きいです。

2011-10-28 23:20:51 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @BB45_Colorado 時間軸の細かいところにはいろいろ議論有ると思いますが、スクラップ&ビルドのリプレース路線には全く同意します。

2011-10-28 23:22:33 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia ロシア人は、運用法の改善だけで安全性がオーダーであがったといっていますよ。どんだけ運用を変えたのかは僕には分からないですが。尤も、福島は運用の問題で安全率が事後評価1/500だったわけで、ソフトウェアは大切です。

2011-10-28 23:24:50 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi まぁ伝聞情報(裏付け無し)なのですが、どうも国は耐震指針の改定に掛かり切りで、津波対策を後回しにしていたようですね。でも、地元自治体からの要請で独自に対策を進めていた原電の東海第二は1台だけ対策が間に合って、難を逃れたと。

2011-10-28 23:26:27 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi 東海第二は防潮堤に穴をあけるというアホな施工をしていなければ、持ちましたからね。これも実は、ソフトウェアの欠如。

2011-10-28 23:28:53 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi その点、米国はこんな報告書 http://t.co/Am0xcdon を出して、LIPD(Loss of Internal Power Distribution)時の対応について、機材の準備と訓練するように指示していますね。

2011-10-28 23:40:03 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi PPT使い始めた時に誰もが一度はやってしまう、文字だらけPPT状態ですねぇ。

2011-10-29 06:47:04 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi 確かに今ですと、相手から「プロジェクター使用しますか?」と聞かれますからね。おかげで紙の資料を大量に印刷して持ち運ぶ必要がなくて楽です。

2011-10-29 07:15:01 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi それは逆だと思います。設計的にも改良標準化で初期の導入炉よりも素性がいいですし、製作的にも習熟効果が出て来ますので。

2011-10-29 07:25:51 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi ABWRの例で言えば、再循環ポンプをインターナルポンプにしたことで、炉心下部の大口径配管が無くなり、LOCA時に常時炉心冠水状態を維持可能とか、信頼性は大きく向上しているかと。

2011-10-29 07:28:32 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi 照射脆化を考慮する必要がある原子炉容器において、溶接線の長さ(箇所)を減らすというのは非常に重要で、これも大型鍛造品の採用により、新しいプラントの方が有利ですね。

2011-10-29 07:31:30 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi 多分その発想は、家電製品等の民生品から来ているような気がします。昔は、ビデオデッキとかLDプレーヤーも金属でがっちり作られて、今の製品よりも長持ちしていた印象がありますので。

2011-10-29 07:34:52 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi 少なくとも原発のハード面に関しては、「**と畳は新しい方が良い」状態かとおもいます。

2011-10-29 07:43:55 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kingyonooyatsu それは、別の意味でも「大御所」ですね。スケールが違う(笑)@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi

2011-10-29 09:06:26 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@__kirin_config @kingyonooyatsu @WATERMAN1996 @BB45_Colorado @kouzanshi そ、それはさすがに経験ないです。。。上司のコメント等で、修正が入ったら面倒ですね(汗)。

2011-10-29 09:30:18 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @WATERMAN1996 @kouzanshi 僕も、岡田氏がいっていることの意味が判らないです。原子炉って、80年代に材料と溶接の改善で飛躍的に信頼性が上がっていますし、90年代に中性子照射の対策が本格化しています。部品点数の削減も信頼性を上げています。

2011-10-29 10:25:14 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @WATERMAN1996 @kouzanshi 改良標準化前と後では、似て異なる別物ですし、ALWRは全く別物でしょう。中性子照射については、PWRの設計者が、照射中性子束を甘く見ていた。一桁低減すべきだったと述べており、APWRではそうされています。

2011-10-29 10:29:10 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@WATERMAN1996 @arthurc2001 @Premordia @kouzanshi はい。原子炉は特に、材料と溶接の問題、鋼材中の銅の濃度や応力腐食対策、粒界腐食対策ほか、中性子照射や、流体の挙動などが、70年代以降に次々と判明しましたのでその対策後は別物です。

2011-10-29 10:32:44 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @WATERMAN1996 @kouzanshi 多分、「1989」年に岩波新書から出版されている「原発はなぜ危険か」(田中三彦著)の中に、安全係数が引き下げられたとの記載があるのですが、その一点だけを持って、そう言っているのかなと。

2011-10-29 10:39:59 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@WATERMAN1996 @arthurc2001 @Premordia @kouzanshi 商用原子炉は、10年早すぎた技術といえるのですが、初期の炉は、判らないから個々の部品を過剰品質にしたので結果的に長年持ったんですが、システム全体としての信頼性は低いと思います。

2011-10-29 10:43:27 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@WATERMAN1996 @arthurc2001 @Premordia @kouzanshi ソ連のVVER440/V230は、旧世代炉にあって当然の過剰品質すら削り取った変な炉なので、とても危険で欧州からは90年代に消えたのですが、旧ソ連圏では未だに使っているのがなんとも。

2011-10-29 10:45:20 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @WATERMAN1996 @kouzanshi そういう話ありましたね。バブコック日立のジャッキ補正の問題が注目を浴びましたが、あまり出来の良い本とは言えなかったですねぇ。安全係数の話は、知識の古さが原子力技術者に特に批判されていました。

2011-10-29 10:48:06 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @WATERMAN1996 @kouzanshi もちろん例外はありますが、反対派の多くの方が、その古い知識に基づいて発言されているところが何とも。。。原子力技術だけタイム風呂敷で数十年前に戻されているイメージです。

2011-10-29 10:53:33 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @WATERMAN1996 @kouzanshi 80年代の飛躍的といっても良い技術、品質の向上に90年代の反対派は追いついていませんでしたからね。あの当時は酷かった。

2011-10-29 11:13:13 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia @WATERMAN1996 あれは、品質管理の問題なんですよね。無報告であった事は、決して許される事ではない。

2011-10-29 12:22:11 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@WATERMAN1996 @bokudentw @Premordia @kouzanshi フィフティーズですものね。

2011-10-29 16:03:22 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 戻りました。配管壊れたのバレるからって、耐震Sクラスの安全上重要な配管が壊れた確かなデータ発表されてましたっけ?それとも憶測?

2011-10-29 16:20:21 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 石炭の埋蔵量から言って、将来的には(20年後辺りかな?)、CCS付きのIGCCが火力の主力になっているでしょうね。

2011-10-29 16:23:10 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 @BB45_Colorado プラントの重要度分類によって、耐震分類されているのは知っていますよね。放射能含有していても、分類上重要でない配管(ユーティリテイ等)から漏れる可能の方が高いわけですが。

2011-10-29 16:27:17 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 具体的には?一号機は津波から1時間後に直流電源失って全てのデータ取得不可能状態ですし、2,3号機はRCICで数日冷却継続していましたよね。

2011-10-29 16:30:29 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 少なくとも東電の発表した地震後に発生したモーメント値では、配管破断が起きるような値ではなかったですが、その点について田中氏は何か言及していましたか?

2011-10-29 16:32:51 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 2号3号は、重要配管は健全だった可能性が高いですね。十分に持っていた。1号については、ICの停止のせいなのか、、配管破断なのかは今は判らないというのが妥当と思います。

2011-10-29 16:35:31 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 当日、水が漏れていたという証言は、核燃料プールやユーティリティ配管をまずは疑うべきで、重要配管破断については調査待ちですね。どのみち、傍証では何とでも言える。

2011-10-29 16:38:40 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 @BB45_Colorado その推定を裏付ける、確たる実機データ、耐震シミュレーションの提示はありましたか?破断の進行なんて、熱流動・熱伝導と応力解析の複雑な連成解析かつ非線形で、答えが出るとは。。。。

2011-10-29 16:40:19 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kouzanshi @Premordia @bokudentw @WATERMAN1996 主配管でしたら、ギロチンでなくても物凄い事になり、格納容器の外なら、作業員は蒸し焼きになってしまいます。今のところ原子炉建屋に主配管破断の兆候が見つかっていないので、調査待ちなんですよ。

2011-10-29 16:42:04 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 おっしゃる通りかと。破断は無かったとの予断は厳に慎むべきですが、同時に「地震での破断を隠すため」といった憶測の発言も現時点では避けるべきかと考えます。

2011-10-29 16:42:05 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 1号炉もスクラム後、IC稼働と同時に原子炉隔離は成功していませんでしたか?

2011-10-29 16:43:30 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 主蒸気隔離弁は閉鎖されて、隔離に成功していたかと。(例え、電源失ってもフェイルクローズですし)

2011-10-29 16:46:38 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 原子炉隔離に失敗していたら、タービン建屋など激しく汚染してしまうわけで、実際は水が溢れる前には作業員が入り込んで作業していたわけですから、原子炉隔離までは成功していたという事でしょう。

2011-10-29 16:48:29 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@bokudentw @BB45_Colorado @kouzanshi @WATERMAN1996 では、今後の調査結果を待ちましょう。

2011-10-29 16:49:24 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 ですから、隔離時冷却系と再循環系の健全性が問題で、これは、今後の調査を待つしかないんですよね。問題は、格納容器の開封が随分先になるという事で、それまでは計測データの解析しか手がない。

2011-10-29 16:50:54 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 畑村委員会がずっと沈黙しているのは独立性が確保されている良い兆候と私は考えています。

2011-10-29 16:51:52 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 そうですね。私も畑村委員会の調査結果には期待しています。

2011-10-29 16:53:16 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@bokudentw @BB45_Colorado @kouzanshi @WATERMAN1996 あー、そこの入力信号というかロジックについては詳しくないのですが、原子炉停止信号とICの起動信号は同一でしたっけ?一般的に安全注入信号は別なんですが。

2011-10-29 16:55:16 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@WATERMAN1996 @BB45_Colorado @bokudentw @kouzanshi とするとIEAとかの統計から、原発を含んだ電源構成のベストミックスというフレームは維持との印象です。火力への急速な転換は燃料費だけでも年間あたり数兆円の負担贈になりますので。

2011-10-29 17:07:25 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @WATERMAN1996 @bokudentw @kouzanshi 現実には、400万キロワット程度の発電容量を代替電源で賄って、それ以降は時間をかけて方針を決めて行くのが妥当と思いますけどね。

2011-10-29 17:12:33 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado @WATERMAN1996 @bokudentw @kouzanshi 現実路線としては、その辺りに落ち着くかなという印象です。いずれにせよ、2030年頃には廃炉ラッシュの時期が訪れますので、その時点までに代替エネの開発状況とかで決めるのかなと。

2011-10-29 17:21:34 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 残念ながら、現時点では温暖ガス削減技術が追いついておらず、CCS+IGCCでは太陽電池なみのコストです。コロラドさんはCCSなんて不必要とおっしゃるかも知れませんが(笑)。

2011-10-29 17:24:26 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kouzanshi @bokudentw @WATERMAN1996 @BB45_Colorado 申し訳ありませんが、友人と夕食の約束があるので、一旦、離脱いたします。 議論の進展がありましたら、後ほどということでm(_ _)m

2011-10-29 17:28:43 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@mougennsya 抜けた=LOCAで、少なくともECCS中のHPCIは自動起動するはずだけど、してましたっけ?@bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 @BB45_Colorado

2011-10-30 02:04:26 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@mougennsya この報告書 http://t.co/1jDQGWsd の62頁を見てみると、注水系が作動した様子はないような。ICは循環でインベントリーは変わらないので。@bokudentw @kouzanshi @WATERMAN1996 @BB45_Colorado

2011-10-30 02:34:37 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

RT @miakiza20100906: @BB45_Colorado @MtMikasa でも、高速増殖炉サイクル技術が国家基幹技術に選ばれてからは、旧原研側にもあれこれやらせてたよ。僕は可能な限り逃げてたけど。。

2011-11-01 01:09:41 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@amneris84 ホウ酸を注入し続けることで、ホウ酸カルシウム等の沈殿物が溶融燃料表面に付着して、熱交換率が低下するのを避けている可能性が。あと弱酸性とはいえ材料の腐食影響も有りかな。@hirosawatomoya @Mihoko_Nojiri @BB45_Colorado

2011-11-02 07:54:24 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @amneris84 @hirosawatomoya @Mihoko_Nojiri 析出の問題はありますね。ただ、燃料集合体が格納容器に落ちていれば、熱伝導度の問題はあっても、腐食の問題は、格納容器への直接注入でかなり回避できます。

2011-11-02 09:00:19 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @amneris84 @hirosawatomoya @Mihoko_Nojiri 一方で、圧力容器に核燃料が残っていると、厄介ですね。いずれにせよ、電解質の存在は、塩水と全く同じで金属腐食の直接的な原因となりますので、非常に厄介です。

2011-11-02 09:02:11 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @amneris84 @hirosawatomoya @Mihoko_Nojiri 溶融燃料の冷却と取り出しには今後10年単位かかりますが、金属、コンクリートの腐食を考えると、水での冷却をそう長く続けられるかには疑問があります。代替手段があるかは別として。

2011-11-02 09:04:32 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia PWRは常時硼素濃度を制御しているけど、BWRは、再循環ポンプで代替していませんでしたっけ?BWRでの硼素注入は、制御棒機能喪失などによる暴走抑止のためにはあるけど。

2011-11-02 09:09:38 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado はい、おっしゃる通り、BWRはほぼ純水で、反応度制御はRAI循環流量の調整で行います.ほう素を緊急注入のために使用するのもその通りです。

2011-11-02 09:11:22 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia "沸騰水"なんで、運転時は硼素のような電解質が混ざっちゃ駄目なのは自明ですよねぇ。

2011-11-02 09:14:13 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

かっこいいなぁ。 RT @manekinekomata: 浜岡の5号機の素晴らしいよね.グッドデザイン賞獲ってるもんな. http://t.co/zZR5Iidp RT @Premordia: ABWRやAPWRの制御室と比較するとやや纏まりに欠ける印象です。

2011-11-02 09:17:17 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado はい、隙間部のドライ&ウエット領域、燃料棒表面等、高濃度で沸騰残渣として析出するので、混ざるのは駄目ですね。

2011-11-02 09:18:31 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia 塩水を三角フラスコの中で沸騰させ、蒸気を凝集器で落してやり続けたら、気水界面が真っ白になりますからね。これを金属のプラントの中でやったら、腐食して壊れてしまう。タービンも一発でボロボロ。

2011-11-02 09:24:07 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado そういった意味では、停止時に復水器リークで500トン海水が流入した(炉心には約5トン)、浜岡5号機の健全性が懸念されるところです。

2011-11-02 09:32:54 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia 浜岡5は洗浄しかないですね。3年くらい時間があるから、コツコツ洗浄する時間はあるでしょう。500トンといっても一次系の原子炉水って量がとても多いので、循環洗浄すれば相当綺麗になります。時間があるので燃料をぬいて洗浄するのも手ですが。

2011-11-02 09:38:01 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado たしかにおっしゃる通り、その手しかなさそうですね。

2011-11-02 09:41:22 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia BWRは、一次系が外界と金属配管を介して接しているので、どうも、こういった脆弱性が目立ちますね。

2011-11-02 09:45:57 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado 直接サイクルの熱効率の良さが売りでしたが、最新のPWRには負けていますし、PWRがSGの弱点を克服した今現在ではメリットがかなり小さくなっていると思います。

2011-11-02 09:53:21 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia 僕は単純に、核燃料と接する一次冷却水を格納容器の外に引っ張りだして、タービンや復水器に引き込む事が不自然に思えて仕方無く、BWRは嫌っていたんですよ。たしかに、サイクルが一つ減るので経済的に作れる可能性はあるんですけどね。

2011-11-02 09:57:23 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia そういった意味では、僕はFBRは素直なシステムと思っています。液体金属の取り扱いにくさと反応活性、低温では固まっちゃうという点がアレですし、液体金属は中が透視出来ないと言うのは盲点でしたが。(中が見えないことには、最近まで気がついていなかった。)

2011-11-02 09:59:21 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado やはり元々は動力用として作られたPWRの方が安全性に関してはメリットがあるかと思います。崩壊熱の除熱にしてもSGをヒートシンクにして、主上記を大気に逃がせば可能ですので。

2011-11-02 10:00:57 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado 確かUT等のプローブを使用した特殊な監視装置を使用するのでしたっけ?

2011-11-02 10:04:15 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia いやー、本当に知らないんですよ。(情けない。)

2011-11-02 10:08:26 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia 自由水面が無いので、極端な話、船舶用は一時的にひっくり返っても大丈夫ですからね。BWRは、その安全性を確認するために原寸大暴走実験までやってその技術的正当性を立証してきたのに、その基本設計理念の単純化が仇となっています。(決して素性の悪い技術ではない。)

2011-11-02 10:11:38 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia 経済性でいえば、PWRは、敦賀2のようなコンクリート格納容器ができるまで、80万キロワットの壁を超えられませんでしたからね。大飯1,2のようなアイスコンデンサと言うキワモノはあったけど。

2011-11-02 10:13:11 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado そうですね、多分耐震性という観点では、縦型の大型機器であるSGがあるPWRよりも、BWRの方が有利かと一般的には思われます。

2011-11-02 10:15:11 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia ロシアの横置きSGはなんで横置きなのかに興味がありますよ。シッピングポートも横置きだったはずだけど、その後は縦置きに代わっている。

2011-11-02 10:17:27 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado アイスコンデンサはWHのエンジニアが多分どや顔が設計したのだと思いますが、格納容器内にモンキー・タラップしかなく、使用勝手は最悪だそうです。

2011-11-02 10:18:07 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

それは酷いwwww RT @Premordia: アイスコンデンサはWHのエンジニアが多分どや顔が設計したのだと思いますが、格納容器内にモンキー・タラップしかなく、使用勝手は最悪だそうです。

2011-11-02 10:19:26 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia アイスコンデンサは、氷と水の潜熱が膨大で、熱物理学的には素性が良さそうなんですけどね。ヘンテコなシステムだとどこかに大きな皺寄せが行く。

2011-11-02 10:21:16 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado ええ、耐震性と自然循環性では横型が優れているので、WH等が何故あっさり縦型に変更したのか、その設計思想は知りたいと思っています。

2011-11-02 10:23:18 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@kantetu 格納容器を小型に設計する余り、普通の階段スペースを設ける余地も無かったという話をしています。@BB45_Colorado

2011-11-02 10:28:03 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kantetu PWRでは、原子炉とSGが格納容器の中に入るので、大きな格納容器が要るのですが、敦賀2などでコンクリート格納容器ができるまでは、鋼材の製造の限界から、それより前のPWRでは80万キロワット迄しか作れなかったんです。

2011-11-02 10:37:45 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia @kantetu WHのアイスコンデンサ型は、綱製の格納容器のサイズに抑えるために、氷の潜熱で非常時は冷やすと言う熱力学的には正当でも、工学的にはかなり問題が多発した手法なのです。でも、これでないと昔はPWRで100万kW級はできなかったのです。

2011-11-02 10:40:13 - 返信元ツイートを取得する

 

Premordia

@BB45_Colorado 確かに敦賀2号機で採用したPCCVで無い限り、現実的なサイズでは設計できなかったのでしょうね。

2011-11-02 10:44:19 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@Premordia あんまりでかい鋼鉄の構造物だと、耐震性の問題も出てきますからね。PCCV技術って、70年代から急速に発達してきたので、ちょっとおくれたとはいえ、ドンピシャリの技術ですね。

2011-11-02 11:07:51 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kantetu @Premordia 流石、ボイラー屋さんの目のつけどころは違うなぁ。

2011-11-02 11:30:18 - 返信元ツイートを取得する

 

BB45_Colorado

@kantetu @Premordia 元の熱密度と崩壊熱がでかいのと、作業時の被曝の問題があるので物理的な余裕(大きさ)がある程度は必要というのが、GE Mark-IやWHのアイスコンデンサ格納容器の教訓なんです。形式は違えど、ある程度の大きさは確保するのが良いとされています。

2011-11-02 11:33:13 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

BB45_ColoradoPremordia のツイ談コメント一覧

BB45_ColoradoPremordia のツイ談を転送する


その他のツイ談