Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2010-09-04 11:49:29)

KomabaTenguthetainDN のツイ談  

thetainDN

.@KomabaTengu 比喩に訴えているのではないつもりなんだが。「冤罪があるから廃止すべき」の背景には、一般的ロジックとして「Xに弊害があるならば、それを廃止すべき」という命題があるが、その命題が成り立たないという反例を提示したのが先の交通事故の話です。

2010-09-01 00:10:01 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

.@KomabaTengu 速度制限が「上限が時速何キロであるかは重要でないが、上限が存在すること、それを守ることは重要である」という意味で重要であるように、刑罰もまた「じょうげんがそんざいし、それを守るのが重要」なら、車轢きりのような刑罰は禁止されているので既に上限はあるかと

2010-09-01 11:41:52 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

.@KomabaTengu そして、すでに上限が存在する以上、逆に「その上限は守らなければいけない(でなければ、その時々の判断で上限が動いてしまい、上限の役目を果たさないので)」ことにより、現行制度、すなわち死刑を刑罰の上限とする制度が維持されるべきという結論が得られると思います

2010-09-01 11:43:07 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

KomabaTengu

@thetainDN 司法制度を交通法規に例えようとするあまり論理に矛盾をきたしているように思えます。「上限は守らなければならない」に対応するのは「制度遵守」であって「制度維持」ではありません。「一度決めた制限時速は改定するな」という主張に無理があるのはご理解頂けると思います。

2010-09-01 13:15:39 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN なお「速度制限が『制限が時速何キロであるかは重要でないが、上限が存在すること、それを守ることは重要である』という意味で重要であるように」という意見には賛同しかねますが、道交法は議論の主題ではないのでその先の主張に反論させていただきました。

2010-09-01 13:19:22 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

@KomabaTengu あれ、「刑罰制限論」というのは「いくらでも重い刑罰を課せるような状況にするのではなく、刑罰の上限を決めておくべき」ということではないのですか?そうではないとすると、僕の理解が誤っているようなので、その意味をきちんと説明してもらえるとうれしいです。

2010-09-02 00:22:10 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

@KomabaTengu しかしそうすると「上限はあるべき」というのは廃止・存置ともに賛同する主張であり、ただ廃止論者は「死刑より上に上限を設けるのはダメだ」と死刑に強くこだわっている(存置も同じ)。なので、結局「死刑を廃止するか否か」という元の議論に戻ってしまう気がします。

2010-09-02 00:47:40 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN そのとおりです。私は「死刑廃止論は刑罰廃止論に連なる荒唐無稽な主張である」という意見に反論したのみであって、これまで一度も死刑存廃論に結論を下してはいません。存置論の中には廃止論と存置論を同じ土俵に乗せることすら認めないという意見も存在する事をご理解下さい。

2010-09-02 00:55:10 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN 私の死刑存廃論における立場は「冤罪問題は死刑存廃に関わる要素として考慮されるべきである」というものですので、「冤罪問題からスタートして刑罰上限線引き論に辿り着く」ということそのものがこの議論の目標であったのです。

2010-09-02 01:18:23 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

@KomabaTengu なるほど、主張は理解しました。冤罪のリスクを含めた死刑へのスタンスとしては http://bit.ly/djfkhtとなると思います...

2010-09-02 22:39:50 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

あと、 @KomabaTengu さんと私が恐らくともに反対しており、一部の「冤罪→死刑廃止」論者が賛成する論として「たとえわずかであっても、無実の人が死ぬ可能性のある制度は廃止すべき」というものがあります。これに対する反例として、交通事故を持ち出しているつもりでした。

2010-09-02 22:43:02 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

@KomabaTengu つまり、「冤罪によるリスクおよび他の必要性を考慮したうえで、刑罰の上限をどこに設けるか議論すべき」という主張であって、「考慮した結果、死刑の冤罪リスクは小さかったので、死刑を存置する」という見解を否定してはいないという理解でいいですか?

2010-09-03 00:34:14 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN そのとおりです。そして同時に「冤罪問題をどの程度のリスクとして捉えるか」についての議論を通じた合意形成は不可能であると考えます。死刑存廃論自体の決着は「演繹的合意の積み重ねとしての議論」によってではなく「決断と妥協」によってなされ得るのであると思います。

2010-09-03 00:42:54 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN 例えば「冤罪で死刑となる確率は羊に蹴られて死ぬ確率より低い」といった「確率の低さ」については合意が得られるでしょうが、そういった「確率の低いリスク」が「死刑制度によるメリット」を下回るかというのは定量的比較が不可能である以上個人の価値観に委ねられる問題です。

2010-09-03 00:57:21 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN よって私は、もし先輩が http://ow.ly/2yBebに同意してくださるの... http://ow.ly/2yBeb としたいと思います。よろしいでしょうか。(修正再送)

2010-09-03 01:50:17 - 返信元ツイートを取得する

 

thetainDN

@KomabaTengu はい、私はそれでいいです。(私はリスク計算においてその帰結として一定の合意ないし議論のルールに基づいた帰結を得ることは可能だと思う点で見解は分かれていますが、それは本論ではないでしょう)

2010-09-04 01:08:13 - 返信元ツイートを取得する

 

KomabaTengu

@thetainDN 承知しました。何日間にもわたってお付き合いいただきありがとうございました。これでようやく、頭を酷使しながら眠れぬ夜を過ごすことからひとまず解放されそうです。

2010-09-04 01:15:49 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

KomabaTenguthetainDN のツイ談コメント一覧

KomabaTenguthetainDN のツイ談を転送する


その他のツイ談