Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2011-09-23 03:45:10)

YashinNoMeisouyutakioka のツイ談  

YashinNoMeisou

@yutakioka コントはうちの大学の「社会学原論」で触れているはずだ、と思っている節があると思われます。実際はそんなことないのだけれど。基礎講義(100番台)がかなり初歩に偏ってしまうのは、日本のリベラルアーツ(というかウチ)の弱点であるような気がします。

2010-09-06 02:23:38 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou ウェバーもどちらかというとそちらに含まれてますよね、彼の功績は社会学的分析方法の客観性をどう保つかや、なぜ文化分析では誤謬が現れるか?などといった方法論について優れた業績を残しましたよね。社会は単にリダクショニズムではなくゲシュタルト的であるなど。

2010-09-06 02:27:00 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka うちの大学の「原論」は、基礎概念(社会的行為、社会関係、官僚制etc.)の紹介に留まり、分析方法まで踏み込まなかった印象でした。その辺を補うものは、講義としてはないような気がするなぁ。「研究」でも、多分読むのは「経済と社会」の第1部でなく第2部でしょうし。

2010-09-06 02:42:13 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

YashinNoMeisou

@yutakioka 少なくとも僕のいる国際関係学科では必須ではありません(推奨ではあります) 社会科学でも、どうかな・・・事実上必修という感じではあると思いますが。社会学専修の連中はさすがに必須なのかな。

2010-09-06 03:27:54 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou なるほど、米国では国際関係学ってわりと抽象的な理論の厳密性よりも、高等数学を駆使し数字でどの政策がある状況で合理的かを示す方が主流になっているから微積分の基礎知識と統計の知識は必須って私の友人が言ってたので日本ではどうなのかなと思いました。

2010-09-06 03:32:19 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 僕の学科は、国際関係学科ですが、学科名の英訳は"International STUDIES"(=NOT RELATIONS)であり、その辺りが答えなのかも知れません。まぁ僕は専修を国際関係(IR)にするつもりですので、統計は求められるでしょうし、やりますが。

2010-09-06 03:34:37 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou なるほど、そうですね、私の友人はたしかにIRでした。日本でやるんですか?IRなら米国でやるのがおすすめですよ、日本よりもたくさんシンクタンクがあるし、しかも政府から独立しているから、より面白いと思います。

2010-09-06 03:36:59 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 入学時の希望はIRでしたが、今は興味が動いています。ポストコロニアリズム/エスニックスタディーズなど。どちらかというと社会・文化論系統ですね。ただ、講義の都合上、学部はIRで出ることを考えています。どちらにしろ、海外で学びたい気持ちは強く持っています。

2010-09-06 03:43:11 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou なるほど、ならば、自分がデアスポラになるというのはいい経験でしょうね、エスニックスタデーズなら米国が、ポストコロニアリズムなら英国の方がいいかもしれないですね、ナイポールとかクッツエーとか住んでますからねまた大陸にはキシュやパルクなどもいますしね。

2010-09-06 03:46:29 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 自分がディアスポラになると経験は確かに積みたいと思っています。米国・英国が本筋かなという気はしていますが(スピヴァクはコロンビアだし。もう高齢だけれど)、かつての植民地主義の現場という意味では、フランスも面白いのかなと思っています。クレオールとの関わりなど。

2010-09-06 03:56:16 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、フランスも面白いかもしれませんね、ただ大学のレベルということを考えれば学歴的には米・英の名門大を出るのがいいとは思いますけど。

2010-09-06 03:58:21 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 学歴・レベル的にはそうですね。ただ、どちらかというと、ポスコロの本筋である文学研究よりか、社会学的研究の方に興味があり、またポスコロは思想的には仏ポストモダンの影響を受けていると考えたりもします。何にせよ、語学含め、必要な基礎固めはまだ多々あると感じています

2010-09-06 04:03:22 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、ただその仏のポストモダン思想って全然中身のない物がかなりあったりするから再検討が必要ですね、ファイヤーベントなんか、科学すら相対的価値で宗教と同じといった人物ですからね。つまり、重力加速度が日本と中国などで違うということですね。

2010-09-06 04:08:13 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou また、ポストモダンのいかがわしい言説を退けるためには、基本的な科学の知識が必要です、じゃないと、ラカン、ドブレ、ドゥルーズなどのデタラメ数学で全く根拠にならないような言説に目くらましを受けさせられますからね。

2010-09-06 04:15:29 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka ポストモダン思想にコントラバーシャルなものが多いのは本当にその通りで、要警戒と思っています。ただ、ポストモダンが与えた本質主義/構築主義という対立、あるいはその二者択一に陥ることへの批判は、ポスコロ状況を読み解くのに有用(というより必須?)とも思うので。

2010-09-06 04:15:45 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 科学/数学の知識というのは本当に僕の課題とするところで、悩ましいところです。何によって勉強なされた/なさっておられますか?ご教示頂けると幸いです。先程からのやり取り、本当に、自分の立ち位置を再確認する意味でも、勉強になっています。ありがとうございます。

2010-09-06 04:18:06 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、それなら、現象学を勉強されるといいと思いますよ、極度の価値相対論に惑わされないためには。

2010-09-06 04:18:11 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、私の場合は脳科学をやっておりまして、数学物理化学生物心理学社会学哲学を大学でやってるんですね、。一番いいのは基礎的な数学物理学のクラスを大学で受講されることですね、それが無理でしたら、例えば、ファイマンなどを読まれるといいと思います。

2010-09-06 04:22:28 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 現象学ですね。前々から興味はあって(ちょうど僕が中学生の終わりだか高校生の初めだかの頃に、『現代思想』誌の現象学特集号が出たこともあり)触ってみましたが、その当時の僕には理解が追いつかなかったです。部屋探せばまだあるかな。やはりフッサールからですか?

2010-09-06 04:23:22 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、フッサールさえやれば十分と思います、お好きでしたらハイデガーもいいとは思いますが。

2010-09-06 04:24:46 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou それで、ハイデガーの存在論の位置ずけに納得されないようでしたら、西田幾多郎に行くのもよいかと思います。

2010-09-06 04:26:24 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka とりあえずファインマンに触れつつ、折を見て大学でも講義などで触れていく方針で行きます。ありがとうございます。諸学を扱う上での基礎という意味では、論理学にも興味があるんですが、それに対しての評価や助言などはありますか?現象学についてもありがとうございます。

2010-09-06 04:29:12 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、論理学もアリストテレスやラッセル、ヴィトゲンシュタイン、などは知っていて損はないように思います。ラッセル、ヴィトゲンシュタインはかなり難解ですから、全て理解しようと思わなくていいです。私も完全には理解できてませんが、大枠はつかんでます。

2010-09-06 04:33:41 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka ヴィトゲンシュタインに関しては、(「語り得ぬものには~」のフレーズからミーハー的に入って)流し読みではありますが『論理哲学論考』は読みました。大枠を掴んだ、とまでもいえませんが。アリストテレス、ラッセルも目を通した位ですね・・・ちょっと真面目に読んでみます。

2010-09-06 04:38:38 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou 私は「論理哲学論考」あの最後のフレーズには非常に懐疑的です。語りえぬ物つまり言語の限界が世界の限界ということですが、それは、言語以前のカオスな分節化される以前の世界を無視しているようでならないんですね。しかし人間には必ずカオスな自己があるんですね。

2010-09-06 04:42:02 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou すいません、長々とお話させていただいて、私はお節介な者なのでついつい口数も多くなってしまいます。楽しい意見交換でしたよ、ありがとうございます。

2010-09-06 04:45:42 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 僕が瀧岡さんよりもあのフレーズを理解しているとは思わない、その上での反論ですが、あれは「カオスな自己」の存在を否定するものではないと考えます。ただ、哲学がそれを対象にすべきではない、ということかと。そのことには不思議な納得があるのです、寂しさと共にですが。

2010-09-06 04:48:58 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka こちらこそ長い時間お付き合いありがとうございました。また色々意見交換出来れば嬉しく思います。教えを頂く機会も多いかと思いますが、よろしくお願い致します。

2010-09-06 04:51:27 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou なるほど、しかしそうしたら、哲学においては非常に重要である主観客観問題の本質に対しては、目をつぶれということになりますね。その言語以前の感覚と存在感は主体感覚の原理だと私は思うんですが、その言語以前の主体感覚なしには理性など存在しない気がします。

2010-09-06 04:52:27 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou 実際にラマチャンドランがやった脳科学の実験で、我々の存在性は実は実態に先だって存在しているということが実験的に確認されたんです、つまり幻肢という現象です。としたら、言語以前にもその存在性を認識する主体がいなければならないですよね?

2010-09-06 04:55:09 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou それで私はその存在性を認識する主体として、言語以前のカオスな感情だと想像しているんです。そして、そのカオスの合う意味一つの平衡として言語が存在するんだと思います、そして言語はその言語以前の主体をあくまで承認するものと考えています。

2010-09-06 04:57:47 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou もちろん、実験で確かめなければならないわけですが。ただ哲学が思考の浄化のために存在すると宣言していたヴィトゲンシュタインですから、おそらく神秘的なものに目をつぶれと言ったのは、当時の科学ではそれが検証不可能だったからではないでしょうか?

2010-09-06 04:59:54 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou はい、こちらこそ、よろしくお願いします。

2010-09-06 05:00:49 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka この辺の問題は後に『哲学探究』で彼自身意見を変えているので苦しいのですが、『論考』に則って反駁するならば、言語がカオスを否定するのでは無く、カオスは人間が言語を扱った所で解釈し得ないもので、それを語ろうとする形而上学の無意味性を指摘したのだと理解しています。

2010-09-06 05:02:50 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou そうですね、「探究」ではもう少し制限が緩くなっていましたね。 たしかに、それならば話がわかりますね、カオスを扱うのには形而上学は本当に無意味だと私も思いますね。RTそれを語ろうとする形而上学の無意味性を指摘したのだと理解しています。

2010-09-06 05:07:57 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 繰り返しになりますが、彼はカオスを否定しませんし、言語を否定の根拠にもしていません。更に言えば、(ポストモダンと異なり)主体の存在も否定しません。「語り得ないが、示されうる」(⊃カオスでいいと思います)ものが存在し、それを峻別せよ、という主張だと考えます。

2010-09-06 05:08:31 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou それはそうですね、もちろんRT更に言えば、(ポストモダンと異なり)主体の存在も否定しません。「語り得ないが、示されうる」(⊃カオスでいいと思います)ものが存在し、それを峻別せよ、という主張だと考えます。

2010-09-06 05:17:08 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 僕はヴィトゲンシュタイン以前の哲学的思索、いわゆる「人生の問題」は学問(形而上学)の対象になり得ない、無意味だと喝破されることに、先述の通り寂しさを覚えます。ただ、それは学問から離れてそのことを語ることへの否定は含まない、それは大袈裟に言えば僕の救いです。

2010-09-06 05:17:30 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou なるほど、そうですね。RT先述の通り寂しさを覚えます。ただ、それは学問から離れてそのことを語ることへの否定は含まない、それは大袈裟に言えば僕の救いです。

2010-09-06 05:19:47 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka やけにセンチメンタルになってしまったこと、お詫びします笑 僕はデカルト的懐疑やヴィトゲンシュタインに見られる独特のストイックさにとても魅かれるのです(自分自身に適用できてはいませんが) その上で何が残るか、何を認めるかは非常に興味深いです。またお話できれば。

2010-09-06 05:24:59 - 返信元ツイートを取得する

 

yutakioka

@YashinNoMeisou いえいえ、分かりますよ、そうですね、そのような懐疑から残る何かが本当に価値のあることだと私も思ってますから。そうですね、また機会があればお話しましょう。RTその上で何が残るか、何を認めるかは非常に興味深いです。またお話できれば。

2010-09-06 05:27:45 - 返信元ツイートを取得する

 

YashinNoMeisou

@yutakioka 本当にどうもありがとうございました!こっちはもう朝ですが(勿論、意見交換の合間に他の作業もしていたので、ご心配なさらず)少し寝ることにします。おやすみなさい!

2010-09-06 05:32:47 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

YashinNoMeisouyutakioka のツイ談コメント一覧

YashinNoMeisouyutakioka のツイ談を転送する


その他のツイ談