Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2010-09-06 13:11:10)

image_taroitomiz のツイ談  

image_taro

RT @pidesu: @itomiz 子どもが主体であるという事を忘れてはならないと思います。この瞬間も子どもは生活の拠点が否が応でもそこであるわけで、自分らしく生きる権利を与えてあげないと…大きな事はできませんが、目の前の子ども達へ寄り添い我慢しないでいい環境であり続けるよう精進したいと思います。

2010-09-01 01:03:04 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

決定的なこれという「原因」は無いと思った方がいいですね。複数多岐に渡る要因が重なり重なって悪循環を生む。QT @itomiz: 「児童虐待の原因」は「貧困」では無い。「貧困」は「虐待の形態」に影響を与える「要因」。

2010-09-01 22:25:26 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

精神的ゆとりを奪う大きな要因として経済的困難が大きな要因なのは確か。それだけでは無いですが。QT @battered_eriro: 貧困だから…という解釈は誤解QT @image_taro QT @itomiz: 「児童虐待の原因」は「貧困」では無い

2010-09-02 01:02:38 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

image_taro

この様な児童間性暴力は、どこの施設にもあると思え…というのが児童養護の世界では常識になっています。私自身もその問題に直面し対応を迫られたことがあります。結局何も出来ず悔んでも悔やみきれない。QT @itomiz: そしてそれを期に、ある高校生に性虐待を受ける事になりました…

2010-09-02 01:11:21 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

追加。全ての虐待の背景に貧困があると言ったら事実誤認になる。しかし、大半の虐待はごく普通の人が精神的ゆとりを失うことで悪循環をに陥ることによる。そういう状況に陥らせる大きな要因として貧困があるのは否定出来ないということです。@battered_eriro @itomiz

2010-09-02 01:19:30 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 本当にお疲れ様です。過去の辛い経験を思いだして語るのはおそろしく心のエネルギーを消耗します。無理なさらずに、ご自愛下さい。

2010-09-02 02:16:56 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

昨晩は突然の離脱で申し訳ありませんでした。急に思考が止まるような感じがしたので、回避させてもらいました。お心遣いいただき感謝いたします。 @image_taro @As_mic @wongwingtsan @battered_eriro @pidesu

2010-09-02 13:17:12 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz わさわざ断ってから離脱するなんて律儀だなぁと思いましたが、自分のペースで呟いて、好きな時に離脱すれば良いのではないかと思います。twitterにそんな縛りがある訳ではないし。私なんか適当なもんですよ。

2010-09-02 15:43:13 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

@image_taro おっしゃるとおりです…wアカウント作った時はそうやって使うぞ、と決意してたはずで…今でも、そこがtwitterの良いところ!って心の中では思ってるのですが。というか「決意」と言っている時点で固いですねw。

2010-09-02 16:50:48 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 最近はメールも早く返事が来ないと安心出来ない人が増えているらしいですね。メールはいつでも好きな時に読んで好きな時に返事出来るのが良いところのはず。twitterはもっとゆるくて良いと思います。そもそも不特定多数に向けの発信ですから。もちろん節度は必要ですけどね。

2010-09-02 17:03:11 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

@image_taro そう思います。そういう心の余裕はもっとあって良いと思います。なにより私自身が。

2010-09-02 17:14:42 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz もちろん男女間にそういう事が起こりうる事の認識はあります。児童間の暴力問題の認識は高まってはきているのです。ただ、まだ認めたくないと思っている施設もあるし、実際に問題解決には至っていない。性暴力が発覚して措置変更というケースはどこの施設でも大体経験しています。

2010-09-03 00:52:45 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 多分、職員による施設内虐待に対する認識が高まったせいで、問題ある職員が排除され、徐々に穏やかで意識の高い職員が増えるに従い、児童間の問題が明るみに出てきつつあるようなのです。そういう意味では暴力職員の排除は施設改革のひとつの段階なのかも知れません。

2010-09-03 00:58:53 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

@image_taro 児童間の性虐待は基本的には「支配関係の有無」で判断しているという事ですね。男女間の事は風紀の問題という認識でしょうか。どちらにしても問題として扱われるものですが。逆に職員が加害・被害で関わってしまう可能性についてはどのような認識でしょうか?

2010-09-03 01:11:09 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 職員の場合も無意識的に支配しようとしてしまったり、あるいは子どもとの関係性に依存してしまう場合(私生活と仕事の混同とか)にエスカレートしてしまうということがある様に思います。業界全体の認識というより私自身の理解ですが。

2010-09-03 01:19:49 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

@image_taro 職員側の暴力が無くなった分、見通しが良くなったのであれば大きな改善だと思います。しかしそうなってくると職員に今まで以上の精神的なタフさが求められますよね…。問題から目を逸らさないでいる事が大きな負担になっているはずだと思います。

2010-09-03 01:21:08 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz もちろん子ども側が支配者の役割に染まっている場合に、職員がその関係に巻き込まれるという場合もあると思います。職員側にそれに抵抗するだけの力がないということにもなりますが。

2010-09-03 01:23:21 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz そうなんです。現状、個々のタフネスに依存しているので、結局対応し切れない。仕組みとして職員をエンパワーするシステムがないので、皆疲弊していくのがしばしば起こっていることだと思います。私の勤める施設も同様です。

2010-09-03 01:26:58 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

@image_taro 「暴力職員の排除は施設改革のひとつの段階」 ← 本当にそうであって欲しいと願います。それが形だけになるのか否かがこれから問われるのだと思います。

2010-09-03 01:28:00 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz そうですね。それはいま従事している私たちの仕事です。でも、職員の暴力を根絶できていないのも現実。多分、それは夢物語なので、予防して早期に歯止めをかける体制を整えることが必要だと思います。

2010-09-03 01:42:36 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

RT @setsuko33: @image_taro 学校で愛着形成できそうになると施設に帰宅したがらず、関係が気まずくなります。繋ごうと静かに気長に関わりますが、本当に大変。大人がどこまでもあきらめないようにする気持ちをぐっと支えている状態です。

2010-09-04 16:56:50 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

児童養護施設という特殊で過酷な環境の中で勤め上げたからこそ、image_taroさんが「共感性を欠いた人」と感じるような言動・行動を選ぶようになった方々も多いのではないでしょうか?「共感性」という表現には独善性を感じてしまいます。 RT @image_taro:...

2010-09-04 18:12:17 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 勤め上げたからこそそうなってしまった…という点については、私もそう思います。しかし、相手の心の痛みを感じ取りそれを相手の理解に役立てていくという「共感性」の能力は、児童養護に従事する者もプロフェッショナルである以上、必要最低限身につけておくべきものです。

2010-09-04 23:48:35 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

責めたいのではありませんので、どうかお許しください。問題解決の策としての「共感性」という表現に具体性を感じる事ができませんでしたので、疑問が湧いているのですが… RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 00:31:46 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz すいません、あまりにリアルタイムな問題なのでつい気持ちが高ぶりました。共感性は、問題解決の策というより、児童養護施設で勤める職員の基本的条件です。これがないとどんな策を立てても、地固めをしないまま家を立てるのと同じになると思っています。

2010-09-05 00:44:25 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

まずtaroさんのおっしゃる「共感性を欠く」と、巷で言われる「KY」の違いが私には分かりません。ある子どもの痛みを2人の職員が同じ程度で理解できていても、どう問題を処置するかはそれぞれの価値観に委ねられてしまうと思うのですが…。 RT @image_taro:...

2010-09-05 00:49:56 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz つまり、子どものケアをしようと思ったら、あるいは職員がお互いに支えあう体制を作ろうと思ったら、情緒的に繋がりつつ支えるために共感性が不可欠なのです。そうなると、共感性が欠けていることは致命的になってきます。

2010-09-05 00:57:57 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 「KY」というのは三者関係以上の集団の場の空気を読めないことですが、共感性の欠如では、よりシンプルに相手の心情を慮ることが出来なくなります。そんな状態でなんらかの対策を取ろうとしても、心情を無視して「こういうものだから、こうすべき」と杓子定規な対応になります。

2010-09-05 01:35:14 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 更には、「どうしたらいいと思う?」と相談し、相手の意見に耳を傾けることさえ出来ず、問答無用で「こうしなければならないんだ!」と主張することになります。こうなると、相手の思いに即してでなく、自分の思いに従っているだけですね。

2010-09-05 01:37:39 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 共感性がある人でも、場の空気を読むのが苦手な人はいると思うので、問題は全く別次元だと思います。伝わるかどうか分かりませんが。

2010-09-05 01:39:20 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

うまく伝えられず、すみません。「共感性」が測れるものだという前提が危ういと言いたいのですが…。 RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 01:41:09 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 要するに、相手が感じている思いを自分のことののように感じつつ、同時にそれを相対化して考えられるかどうかということが、共感できているということ。相対化の部分が出来なければただの同情に過ぎない訳です。

2010-09-05 01:42:53 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 測ることができるかどうか別にして、それは関係性の質に関わることでは?あるいは専門的な技術として理解されていることです。例えば、心情を理解出来ないセラピストを想像できるでしょうか?共感とは同情を更に磨き上げていくことで獲得する技術なのだと思います。訓練が必要ですね。

2010-09-05 01:50:35 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

ご説明ありがとうございます。taroさんのおっしゃる「共感性」は私が以前「イメージする」と表現した感覚と近いように感じました。臨床心理の一般的な技術と捉えられているという事ですね。 RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 15:16:39 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

それが大切であることが理解できました、ありがとうございます。私が疑問だったのはその「技術」が自分自身以外の人を「共感性を欠いた人」と認定して適正を問う事ができる性質を持った「技術」なのか?という所です。 RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 15:28:05 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

そして「共感性」という「技術」を持った人間の「育成・雇用」の流れができないまま、現場の雇用・人事の問題として扱う事に弊害はないのか?と感じます。子ども主体に考えれば、雇用の流動性は「配置換え」の問題にも繋がりますし…。 RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 15:54:47 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz いえいえ。質問を投げかけられる方が、いつも現場に埋没している人間にとっては考え直すきっかけになるものです。感情的になってしまうこともありますが…。すいませんでした。

2010-09-05 16:44:01 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz 職員の雇用•育成に関しては、採用の段階である程度しっかりふるいにかける仕組みをつくること、採用後は職員のメンタル面へのフォローをどうやってやっていくかを考える必要があります。それでも十分ではないですが。

2010-09-05 16:47:47 - 返信元ツイートを取得する

 

image_taro

@itomiz ちなみに実際の仕事ぶりを見ていくと、共感性の無さはあからさまに見えてきます。何故なら、子ども&職員との関係に支障が出てくるからです。誰の目にも明らかと言うぐらいに見えてしまうので、見極めはそんなに難しくない…というのが実感です。

2010-09-05 16:52:15 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

taroさんの現場での苦労を差し置いて、質問ばかり投げてしまい大変申し訳ありませんでした。本来私自身がそれらを背負ってみてから言うべき事だとも感じます。いつも子ども達を見守ってくださっているtaroさんに深く感謝いたします…。 RT @image_taro:

2010-09-05 18:30:02 - 返信元ツイートを取得する

 

itomiz

すみません、補足です。「雇用→育成」ではなく、「育成→雇用」の流れ、という意味です。 RT @image_taro: @itomiz...

2010-09-05 23:33:31 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

image_taroitomiz のツイ談コメント一覧

image_taroitomiz のツイ談を転送する


その他のツイ談