Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2010-08-17 13:30:36)

kasanositamillionsage のツイ談  

millionsage

それはちょっと乱暴すぎる。予備校の授業は、学問である法学を試験勉強に落とし込んでるだけだし。そもそも法学は説得の学問だし。 RT @Minority20 @kasanosita http://twitter.com/Minority2...

2010-08-09 12:38:59 - 返信元ツイートを取得する

 

millionsage

これ、ちょうびっくり!で大変興味深いんですが、ネタ元とかありますか? 超気になります。 現代日本司法の律令制からの影響 @kasanosita http://twitter.com/kasanosit...

2010-08-09 13:10:24 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage お返事遅れてすみません。まず予備校の話ですが、まず法学と裁判は区別して考えなければならないと思います。ここで問題にしているのは裁判のことなので、ご批判は当たらないかと思いますが。。。

2010-08-09 21:17:14 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

kasanosita

@millionsage 念のため詳しく述べますと、裁判には価値判断の段階とそれを説得的に理論付ける法技術の段階があると思っています。ぼくがここで予備校による影響があると考えているのは主に価値判断のレベルにおいてのことです。

2010-08-09 21:18:31 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage リーガルリアリズムやプラグマティズムの立場に立った場合(そうでなくとも)、裁判官にはかなりの裁量が認められることになります。ここにおいては法教義学に偏っている大学の法学によるコントロールは及びづらくなると考えられます。

2010-08-09 21:19:05 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage したがって、もっとも多くの時間を費やす予備校で与えられる情報、思想傾向は強い影響を及ぼすと言ってよいと思います。

2010-08-09 21:19:50 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage そして、予備校の側もそれを認識した上で行動していると思われるところがあります。例えば、伊藤真は自己啓発本を、柴田孝之は機械的司法試験合格法(あたかも司法において価値判断は存在しないかのような書名)をそれぞれ出版しています。まあ、

2010-08-09 21:20:11 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage でも、確定的な根拠が存在するわけでもないので、あくまで冗談の域を出ませんし、そのように受け取ってもらえれば幸いです。

2010-08-09 21:20:16 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage 最後に、律令制についてですが、一応これを挙げておきます。松尾浩也「刑事訴訟の日本的特色-いわゆるモデル論とも関連して-」(『法曹時報』四六巻七号)

2010-08-09 21:22:50 - 返信元ツイートを取得する

 

millionsage

松尾浩也「刑事訴訟の日本的特色-いわゆるモデル論とも関連して-」(『法曹時報』四六巻七号)  律令制と現代刑事司法について、参考文献ありがとうございます。大きい図書館に行くことがあったら、読んでみる。。。。かもw #law #lawsuit @kasanosita

2010-08-10 11:00:56 - 返信元ツイートを取得する

 

millionsage

いちおう冗談というおことばもありますし、私なりに真剣に返答/反論させていただきますが、あくまで思考実験的にとらえていたただければと思います。 @kasanosita

2010-08-10 11:02:11 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage まず一つ訂正を。法教養学ではなく法教義学です。一般的には法解釈学といいます。法文の意味するところを確定し、判例に法律を論理的に結びつける学問です。これが日本における一般的な法学です。

2010-08-10 16:22:10 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage 問題は、この操作によって法律から必然的に結論が導かれるかのように見えることです。もちろん詳しく事例を提示し、それに対する解決方法を具体的にぶれのないように記述することで、法律に当てはめるだけで解決できるようにすることはある程度は可能だと思いますが、

2010-08-10 16:22:27 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage 実際にはそのようになっていません。例えば、民法90条は公序良俗に反する契約は無効と規定していますが、はっきりいってどのような場合がそれに当たるかはよくわかりませんし、時代によっても変わるでしょう。

2010-08-10 16:22:47 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage つまり、解釈に見えるものを学習することがそのまま価値観の受け売りになりかねないという事情があります。そして、予備校がその場になりうるという危険性があるわけです。

2010-08-10 16:23:08 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage 意欲という意味では司法試験に合格するためという極めて重大な目標があるので、受験英語の比ではないでしょうし、また、現在は異なりますが、かつては司法試験の平均合格年齢は27歳なので、大学入学時から数えれば10年近いお付き合いになります。

2010-08-10 16:23:19 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage そして、法曹関係者のほぼ全てがそのお世話になります。とはいえ、法曹の仕事は試験に合格してから一から学習するものですから、その影響がどの程度及ぶのかは未知数であり、その点で冗談として語られているわけです。

2010-08-10 16:23:32 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage (刑法においてよく注目の集まる量刑ですが、法学部ではこれは全くといって良いほど扱いませんし・・・)裁判と法学の関係についても誤解があるようですが、学者がいきなり裁判の場に出て行けるわけではありません。

2010-08-10 16:23:40 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage 判事になるためには10年の判事補経験が必要ですし、最高裁には15人のうち確か1人の枠がありますが、その判決は反対意見または補足意見になることがしばしばです。検事、弁護士なら出来るでしょうが(実際やってる人もいます)、

2010-08-10 16:23:50 - 返信元ツイートを取得する

 

kasanosita

@millionsage かれらは法的価値判断はしません。依頼人または上司の主張が絶対ですから。基本的に法学は受身の学問で、学者にはすでに裁定された裁判を変更させる力はありません。そして、学説の与える影響は極めて限定的・間接的です。

2010-08-10 16:23:59 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

kasanositamillionsage のツイ談コメント一覧

kasanositamillionsage のツイ談を転送する


その他のツイ談