Cookwitter | Quetter | 関東渋滞
にらめったー(NearMetter)とは、気になる2人のTwitterユーザー対談が見られるツイ談(Twi談)サイトです。

Twitterユーザー名

vs

Twitterユーザー名

取得可能 (最終取得時間:2011-11-03 11:18:42)

tyousyuuriki777yuun08 のツイ談  

tyousyuuriki777

地方@yuun08 自治の基本は税をとることです。ご提案は地方公共団体をなくして首長も議員も選ばず、地方自治をやめることを意味します。自分で税をとらずに交付税として国からもらうお金だけに頼るようになると、必ずモラルハザードが起きてろくなことにはなりません。

2011-10-31 07:43:42 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 では、なぜ都制度はあるのでしょうか?基礎自治体まがいの特別区はその財源の多くを、上位の広域自治体からの配分に依存し、地方自治の本旨に反すると思われます。わたしの発言趣旨は都制度への批判です RT 自治の基本は税をとることです。ご提案は地方公共団体

2011-10-31 07:58:50 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

都区制度は@yuun08 戦時における首都の体制を集権的にするために考案された自治制度の仇花のようなものなのです。ですから、ご指摘のような制度になっており、地方自治の本旨に沿ったかたちになっていません。私も何を今さら都にするのかまったく意味不明です。

2011-10-31 08:07:26 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りします

yuun08

@tyousyuuriki777 同意です RT 都区制度は戦時における首都の体制を集権的にするために考案された自治制度の仇花のようなものなのです。ですから、ご指摘のような制度になっており、地方自治の本旨に沿ったかたちになっていません。私も何を今さら都にするのかまったく意味不明

2011-10-31 08:13:45 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 一応、制度は踏まえた説明のつもりです。国に臨時財政対策債の償還財源に足りる交付税財源がなく、地方へ負担の押し付けになる制度改正を警戒している の説明 RT 臨時財政対策債は地方公共団体に負担を押し付けるものではないですよ。

2011-10-31 19:39:16 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

交付税は@yuun08 国が責任を持って地方に足りない財源として配付するものですから、地方にその負担を押し付けることは絶対にありません。

2011-11-01 00:48:40 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 その論で言えば、地方交付税法の原則としては、交付税財源が不足するなら、交付税率の引き上げをしなければならず、臨時財政対策債自体が法の趣旨に背く。また当初3年限りの措置としていたものをズルズルと伸ばしてる。あまり原則が守られてる状況には見えないが

2011-11-01 01:03:53 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

交付税率を@yuun08 上げなければいけない局面は基準財政需要額のパイを大きくしなければならないときですよ。国だって仕事をしなきゃいけないので、むやみに交付税率をいじることはできません。続く。

2011-11-01 01:14:43 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 景気が低迷して交付税として配るための国税がとれなかったので、緊急避難措置として起債でしのいでもらうことになっています。景気がよくなってから、臨時財政対策債で地方に立て替えてもらった分が改めて交付されることになります。完

2011-11-01 01:21:28 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 交付税率引き上げの要件は、財源を所要額が引き続き、著しく異なることですね。臨時財政対策債で賄う状況が10年も続き、すでに地方交付税の半分になっている。緊急避難措置を終えられる目途は立たない。既に原則を大幅に逸脱した状況でしょう

2011-11-01 01:27:59 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 ちなみにわたしは、臨財債を借りるべきではないと言ってるのではなく、臨財債だから、いくら増えてもいいといったスタンスを取るのではなく、地方交付税依存を減らす方向に首長は努めるべきではないかというものですよ。

2011-11-01 01:41:53 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

地方公共団体の@yuun08 必要経費が増えた、でも地方税が足りないから、交付税率を上げて足りない分を補てんしようということになるわけです。地方が必要な額を交付税で賄えないのは景気が悪い状態が続いて国税の税収が低迷しているからです。続く。

2011-11-01 07:31:17 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 臨時財政対策債を発行せざるをえないのはこのように国税の税収が上向かないからであり、不可抗力なのです。国が意図的にルールを変更しているものでもないし、国が気合いを入れ直せばルールどおり交付税を配れるというものでもありません。完

2011-11-01 07:35:40 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

地方@yuun08 交付税は地方公共団体が仕事をしていく上で必要となるぎりぎりの額のうち、地方税で賄えない額を国が補てんするものです。地方交付税は補助金とは異なり、決して余分な財源ではありません。続く。

2011-11-01 07:45:04 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 地方公共団体は家計でいうなら、生活費にあたるものであり、贅沢をするためのお金ではありません。地方交付税がなければ地方公共団体は生きていけないのであり、これに頼るなという主張には無理があります。完

2011-11-01 07:47:41 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

訂正@yuun08 前のツイートの最初の「地方公共団体」→「地方交付税」

2011-11-01 07:49:30 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 ルール通りに地方交付税を配れないのは仕方がないという主張と、臨時財政対策債は国が保障するものだから絶対に地方の負担になることはない主張は矛盾すると思いますが。

2011-11-01 12:23:12 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

矛盾しません@yuun08 今、交付税を配ろうと思っても、お金がないから一時的に地方公共団体に借金をしてもらって急場をしのいでもらう。それが臨時財政対策債です。続く。

2011-11-01 12:26:56 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 地方公共団体が臨時財政対策債の名目で借りたお金を返すための資金は、来年度以降、少しずつ、地方交付税として地方公共団体に配られます。臨時財政対策債は地方の仕事が滞らないようにするための命綱のようなものなのです。

2011-11-01 12:31:34 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

国税のうち@yuun08 一部の額が地方交付税として配付されることになりますが、限られたパイの中で地方交付税の取り分をいきなり多くすると、国の仕事ができなくなってしまいます。法律を恣意的に解釈しているわけではありません。

2011-11-01 12:35:21 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

生活保護費の@yuun08 持ち出しがほぼないからといって、受給者を自立させなくていいという発想はモラルハザード以外の何ものでもありません。生活保護費を圧縮させるのは国、地方に共通する最重要課題です。

2011-11-01 12:39:46 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 一時的と言いますが、既に10年。今後も続くことを考えれば、既に「一時的」ではなくなってますね。来年度からの臨時財政対策債の償還も、結局、臨時財政対策債の発行で賄われることになっていませんか?

2011-11-01 12:45:18 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

景気が@yuun08 低迷して国税の税収が上がっていないので仕方がないですね。すべては景気次第なのです。臨時財政対策債の返済に要する資金については、来年度以降の交付税で措置されることになっており、臨時財政対策債の借換えが予定されているわけではありません。

2011-11-01 13:00:09 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 お金が足りない・・・当然、その前提です。交付税財源が足りぬまま、臨時財政対策債の残高は増え続けている。返済のために措置される交付税も半分は臨時財政対策債の割り当てになる制度疲弊の状況を「景気」や「一時的」と言った言葉で誤魔化しても解決しません

2011-11-01 13:11:47 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

おっしゃってることがよくわかりません@yuun08「(臨時財政対策債の) 返済のために措置される交付税も半分は臨時財政対策債の割り当てになる制度疲弊」とはどういう意味ですか?続く。

2011-11-01 18:26:14 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 臨時財政対策債は地方交付税が交付されるまでのつなぎ融資です。逆におききしますが、交付税も来ない、つなぎの資金も借りることができないという財源不足の中で、どうやって必要不可欠な事業を地方公共団体は行えばいいとお考えですか?

2011-11-01 18:28:25 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 臨時財政対策債の償還時に償還用交付税が措置される訳じゃないでしょう。償還額を基準財政需要に積んで、交付税の計算をするだけ。不交付とか別にしても、現状、そうやって計算した地方交付税の半分は臨時財政対策債の割当になるから、対策債の償還の半分は対策債

2011-11-02 00:55:49 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 なんか無茶苦茶じゃないかい。最初の話は、わたしが臨財債で借金を増やしながら、財政再建を果たした、臨財債はオレの責任じゃないという首長に、そういう態度はどうか。臨財債は制度的に危うくなってるし、国が地方へ負担を押し付ける制度改正をするリスクも(続

2011-11-02 01:00:55 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)考慮すべきという呟いたら、「絶対ない」ってあなたが言ってきたのだろう。

2011-11-02 01:03:27 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 現状、地方ができる対応は、臨財債を全く使わないというのは無茶だから、現状の制度に乗りつつ、自治体の歳出削減努力と自主財源確保で交付税依存を少しでも減らすように努めることしかないと思ってるよ。という話は、昨日もしたよね

2011-11-02 01:07:39 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

質問に@yuun08 お答えいただいてないので、議論が噛み合わないのですが、臨時財政対策債の償還に要する費用は翌年度以降の基準財政需要額に参入されます。ですから、税収がいきなり増えない限り、参入された額と同じ額が交付税として配付されます。

2011-11-02 01:17:40 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

実際@yuun08 地方に負担を押し付けたりしませんから、そんなリスクはないとはっきり申し上げました。何に憤っているのかよくわかりませんが、心当たりが一つあります。続く。

2011-11-02 01:21:21 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 ひょっとして臨時財政対策債の実際の起債額は生数字であるのに対し、基準財政需要額に参入される額は理論値だからかい離があるということをおっしゃりたいんですけどね。続く。

2011-11-02 01:24:55 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

訂正@yuun08 おっしゃりたいんですけどね→おっしゃりたいんですかね?

2011-11-02 01:26:40 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 だとしたら、交付税というものは他の費用も含め、ほとんどが理論値で計算しており、実際に事業にかかった額を調べあげて計算しているわけではないので多少の隙間ができます。そこは割りきってもらう必要があります。完

2011-11-02 01:30:19 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

何を@yuun08 持って無茶苦茶だと言っているのかよくわかりません。真摯に答えようと思うのですが、余りにも舌足らずなので何を考えているのか意図が伝わりません。続く。

2011-11-02 01:33:11 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 それにこちらがした質問には一切無視して批判だけを繰り返すのはどうかと思いますよ。私はあなたはもちろんのこと、このやりとりを読んでくれてる方に間違った情報が流れないようにしたいだけなので、悪く思わないでください。完

2011-11-02 01:36:24 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 わたしはできるだけ、お答えをしていますが、「こちらがした質問には一切無視して批判だけを繰り返す」とはどういうことか、まず釈明を求めます!!

2011-11-02 01:46:16 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

二つ@yuun08 質問しました。臨時財政対策債の割当てがどうのこうのというくだりの意味はどういうことかということと、交付税もこない起債もできないという財源不足の中で地方公共団体はどう仕事をすればよいとあなたは考えているかということです。お答えがないですよ。

2011-11-02 02:08:19 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 ひとつずつ、行きましょう。臨時財政対策債の割当てがどうのこうのというくだりの意味はどういうことかについては、 http://t.co/gJt7W9Kj で、お答えをしました。あなたの満足する答えではないようですが、できるだけお答えさせて(続

2011-11-02 02:13:22 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 いただきました。理論値とかは全く意図していません。理解の差を埋めたいので、少し例を挙げて、次のツイートに続けます。

2011-11-02 02:15:51 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

ケンカ@A_Shindy @yuun08 しても生産性は上がりませんね。

2011-11-02 02:16:29 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

ホームページ@yuun08 見ようと思いましたが、携帯なので開けませんでした。後ほど見てみます。

2011-11-02 07:16:42 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

私も@yuun08 あなたの主張を理解したいと思っています。詳しいご説明をお待ちしておらます。実績と理論値のかい離のことではないという点は了解しました。

2011-11-02 07:23:45 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

ホームページは@yuun08 パソコンではヒットしませんでした。

2011-11-02 09:00:13 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

臨時財政@1960chocochan @yuun08 対策債を発行すると、将来の歳入が減るわけではありません。今年において、交付税の穴埋めとして借りたお金に相当する金額が、来年度以降、交付税に上乗せして交付され、空いた穴がふさがることになります。

2011-11-02 12:52:28 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@1960chocochan @tyousyuuriki777 臨時財政対策債償還の原資を、臨時財政対策債で手当することになり、自転車操業状態に陥っていくということです

2011-11-02 14:46:37 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 例を挙げた方へのご返事が無かったので、そちらを補足し繰り返します。まず交付団体を前提にします。現状、算定上交付税30の自治体は、実際の交付税は15で、臨財債の割当が15。その自治体に償還額20が発生する時、基準財政需要に20を積むので、(続

2011-11-02 14:57:32 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 算定上交付税が30から50になり、実際の交付税は25で、臨財債の割当が25と考えています。つまり償還額20が発生しても、交付税の増は10で、臨財債の増が10。理解が違いますか?

2011-11-02 14:59:35 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

算定上@yuun08 交付税が30から50になり、実際の交付税は25で、臨財債の割当が25と考えています。つまり償還額20が発生しても、交付税の増は10で、臨財債の増が10←申し訳けありませんが、おっしゃりたいことがよくわかりません。続く。

2011-11-02 18:27:54 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 この例のでいうと、交付税は50なんだけども、実際ン委は25しか来なかったので臨時財政対策債を25発行しましたということになります。ここまではわかります。わからないのはその先です。続く。

2011-11-02 18:30:36 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 この例の場合、臨時財政対策債は25発行されているので、償還額は20ではなく25という発行額と同じ数字になります。翌年度以降、25が償還用のお金として本来交付されるべき交付税に上乗せして交付されるので、地方公共団体はまったく損をしません。続く。

2011-11-02 18:33:39 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 おっしゃっている「交付税の増は10」「臨時財政対策債の増が10」という言葉が何を意味しているのかということがわかりません。完

2011-11-02 18:35:05 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

もう@yuun08 一つの例について→ 臨時財政対策債を15発行した場合、償還額は20ではなく15になります。翌年度以降の本来の交付税の額がXだとした場合、Xに15が上乗せされて交付される額はX+15になります。続く。

2011-11-02 18:44:58 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 また国税の収入が少ないため、翌年度も臨時財政対策債を2分の1発行するとした場合、交付される交付税の額も臨時財政対策債の額も(X+15)÷2となります。続く。

2011-11-02 18:47:50 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 翌年度の本来もらえる交付税の額が前年度と同じく30だった場合、(X+15)÷2の式のXに30を代入すると、(30+15)÷2=22.5となり、前年度の15よりも交付税の額は多くなります。ですから、10という数字がどこからきているのかわからないと申しています。完

2011-11-02 18:51:34 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

臨時財政対策債の原資には@yuun08 @1960chocochan 最終的に国税の一部が充てられるので、地方公共団体は何ら心配するには及びません。

2011-11-02 18:53:44 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

臨時財政対策債は@1960chocochan @yuun08 「つなぎ融資」ですから、返済するためのお金は翌年度以降、国が交付税として手当してくれるのでご心配には及びません。続く。

2011-11-02 18:58:20 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@1960chocochan @yuun08 政府は企業や家計と異なり、いくらでもお金を借りることできます。Aさんにお金を借りているのであればBさんに借りればいいだけです。いざとなれば日銀も貸してくれます。財政が破綻することなど絶対にありません。

2011-11-02 19:00:38 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 問いは「(臨時財政対策債の) 返済のために措置される交付税も半分は臨時財政対策債の割り当てになる制度疲弊」とは、どのような意味かでしたね。「交付税の増は10」「臨時財政対策債の増が10」という言葉が何を意味しているのかということがわかりません(続

2011-11-02 19:44:12 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)とのことですので、多くは繰り返しになりますが、再度説明します。ある年度、算定上交付税30の自治体は、実際の交付税は15で、臨財債の割当が15。その自治体に償還額20が発生する時、基準財政需要に20を積むので、算定上交付税が30から50に(続

2011-11-02 19:48:24 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)実際の交付税は25で、臨財債の割当が25と考えています。臨財債の償還が無い場合のその自治体の交付税は15で、臨財債が15。償還額20が発生した場合の交付税は25で、臨財債25。償還額20の発生によって、当該自治体が受取る交付税の増は10で(続

2011-11-02 19:56:00 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)臨財債の増が10だと考えます。これを「(臨時財政対策債の) 返済のために措置される交付税も半分は臨時財政対策債の割り当てになる」と言いました。お分かりいただけましたか?話を収束させたいので、次年度以降の話は、終わってから改めて提起願います(完

2011-11-02 20:03:27 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

10という@yuun08 数字の意味はなんとなくわかりましたが、制度を誤解したまま導き出された数字だと言わざるをえません。正しくは、先ほど縷々ご説明したとおりです。このお話は私もここで一区切りしたいと思いますが、お手すきのときにもう一つの質問にも回答願います。

2011-11-02 20:15:40 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 「制度を誤解」というのが、わたしの説明した範囲に誤りがあるなら説明願います。説明以外の認識でなら話を広げるのは止めましょう。わたしは同じ説明を繰り返してるだけなので「こちらがした質問には一切無視して批判だけを繰り返す」は訂正いただければと思います

2011-11-02 20:24:57 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

質問に@yuun08 回答いただいたので訂正します。臨時財政対策債の償還財源は翌年度以降に配られますが、国税に余裕がある場合は再び臨時財政対策債を借りなさいということにはなりません。当然のように翌年度も起債することになるという認識が誤りだと申しています。

2011-11-02 20:33:37 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 まず、あの発言の前に、 http://t.co/S2OKxzOr で、回答していたと今朝申し上げましたが、このツイートは回答とお認めいただけないということでしょうか?

2011-11-02 20:37:34 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 先のツイートにはお答えをいただけないようなので、それをお答えと理解します。「制度を誤解」とは、来年度以降の償還の際、所得税・法人税・消費税が大幅に増収となり、臨時財政対策債の発行が不要になる可能性を前提として考慮していないということですね。(続

2011-11-02 21:20:21 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)本来3年間であるはずの臨時財政対策債が10年も続く中、大幅な税の伸びで臨時財政対策債が解消できる可能性を考慮してません。ただ、国にお金がないという理解は一致してると思いますので、「状況を踏まえた制度理解」として議論するか、(続

2011-11-02 21:28:10 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)「状況は考慮に入れず、純粋な法律上の制度」として議論するかの前提の違いかと思います。わたしは、現状を前提で最初のツイート以下のお話をしていますし、今後もそのつもりです。認識の差異が、これでよければ、次の問いに話を進めますがいかがでしょう?(完

2011-11-02 21:36:05 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 1点訂正をさせていただきます。臨時財政対策債が5割というのは、資料などを見ていた印象でお話をしていましたが、23年度実績では府県で30%、全体で26%が臨時財政対策債です。概ね4分の1が正しいです。(続

2011-11-02 23:02:16 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)ただし、臨時財政対策債が解消するためには、36%増=年間6兆円の交付税財源の追加が必要で、現実的には困難と思われるので、ここまでの意見のスタンスは変わりません。

2011-11-02 23:06:43 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

昨日の@yuun08 朝もご連絡しましたが、ご指定のURLが開けなかったので、内容が確認できていません。申し訳けありませんが、主張の内容を端的にツイートいただけないでしょうか。

2011-11-03 05:26:36 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 次の内容をtyousyuuriki777宛で2011.11.02 00:55 ツイートしています。ギリギリの文字数のため、分割になります。  臨時財政対策債の償還時に償還用交付税が措置される訳じゃないでしょう。償還額を基準財政需要に積んで、(続

2011-11-03 06:27:04 - 返信元ツイートを取得する

 

yuun08

@tyousyuuriki777 続)交付税の計算をするだけ。不交付とか別にしても、現状、そうやって計算した地方交付税の半分は臨時財政対策債の割当になるから、対策債の償還の半分は対策債

2011-11-03 06:27:54 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

お答え@yuun08 いただこうとした事実があるということは了解しました。しかし、私がもう一つ質問したことにお答えいただいてないと思います。続く。

2011-11-03 10:43:40 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 私がお尋ねしたのは、交付税も来ない、臨時財政対策債も起こせない、このようにお金が手元にまったくない中で地方公共団体はどうやって日々の住民サービスを提供していくことができるのかということです。この問題に対するあなたの見識をうかがったのです。続く。

2011-11-03 10:47:48 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

続き@yuun08 現段階におけるあなたのお答えは交付税の計算上、臨時財政対策債の返済分がカウントされてもその年に満額交付されずにまた一部が臨時財政対策債を起こせと言われる、こんな自転車操業はけしからんというものであり、制度を批判するにとどまっています。完

2011-11-03 10:54:15 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

制度を@yuun08 誤解という点についてはお見込みのとおりです。

2011-11-03 11:03:04 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

現状を@yuun08 ご理解いただいているようなので安心しました。

2011-11-03 11:05:15 - 返信元ツイートを取得する

 

tyousyuuriki777

交付税は@1960chocochan @yuun08 従来のルールを変えることなく、地方公共団体が資金繰りで困らないようにしましょうというルールになっており、臨時財政対策債を起債させて、国税の税収が好転するのを待っています。ですから、国民の負担が増えるというわけではないのです。

2011-11-03 11:13:44 - 返信元ツイートを取得する

 

にらめったーはご覧のスポンサード リンクの提供でお送りしました

「@だれだれ」をベースに自動生成されております。返信元ツイートを取得するは「上記ツイート」から辿ってください。
Twitter Search APIを通して最新@ユーザーの100件をストリーミング表示しています。

tyousyuuriki777yuun08 のツイ談コメント一覧

tyousyuuriki777yuun08 のツイ談を転送する


その他のツイ談